遺伝の法則「優性と劣性は使用中止!顕性と潜性にする」用語変更にネットの反応は?【メンデル】

スポンサードリンク

 

メンデルの遺伝の法則は中学校で習った記憶がありますが、「優性の法則」の用語が誤解されやすいということで日本遺伝学会により改訂されることになりました。

優性→顕性(けんせい)

劣性→潜性(せんせい)

その他にも、

変異→多様性

色覚異常(色盲)→色覚多様性

誤解や偏見は減りそうですが、馴染みのない言葉になるので今まで習った記憶が強く残っている人には分かりにくいかもしれませんね。

私は小学校の検査で色覚異常と指摘されたことがあるのですが、これからは色覚多様性になるんですね。なんだか違和感があります…。


 

遺伝の法則の「優性」「劣性」は使いません――。誤解や偏見につながりかねなかったり、分かりにくかったりする用語を、日本遺伝学会が改訂した。用語集としてまとめ、今月中旬、一般向けに発売する。

メンデルの遺伝学の訳語として使われてきた「優性」「劣性」は、遺伝子の特徴の現れやすさを示すにすぎないが、優れている、劣っているという語感があり、誤解されやすい。「劣性遺伝病」と診断された人はマイナスイメージを抱き、不安になりがちだ。日本人類遺伝学会とも協議して見直しを進め、「優性」は「顕性」、「劣性」は「潜性」と言い換える。

他にも、「バリエーション」の訳語の一つだった「変異」は「多様性」に。遺伝情報の多様性が一人一人違う特徴となるという基本的な考え方が伝わるようにする。色の見え方は人によって多様だという認識から「色覚異常」や「色盲」は「色覚多様性」とした。

学会長の小林武彦東京大教授は「改訂した用語の普及に努める。教科書の用語も変えてほしいと文部科学省に要望書も出す予定だ」と話す。用語集「遺伝単」(エヌ・ティー・エス)は税抜き2800円。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000087-asahi-soci

 

以下、ネットの反応

名無しさん
ずっと前の話だが、
「優性、劣性は誤解を招くから別の呼称にしてくれ。優性だから優っている形質とは限らないし、劣勢が劣っているとも限らない」
と、高校時代の恩師が言っていた。
まさにその通りだと思っている。
名無しさん
劣性、優性は語義に誤解が生じやすいので変えることは良いと思うが、
色覚多様性は「政治的には最も正しい」言い方だろうが、無理を感じる。
名無しさん
新しいの覚えて使いこなせるかわからないけど、前から思ってたから変更は賛成だ。優劣なんていい方するもんじゃないと思う。
名無しさん
変異と多様性は全く日本語の意味として違うと思うんだが。
変異が起こることによって多様性が生まれるんじゃないの?
そもそも、優勢劣性と違って変える必要性を感じない。
名無しさん
優性・劣性は明らかに最初の翻訳が悪かった。だけど色盲はColorBlindnessだからこれも変えるのはどうかと思うが・・・
名無しさん
うちの子どもは重度障害児だからあえてその親の立場で言うけど、色覚異常はそのままでよかったんじゃないの?大多数の人が区別できる色が区別できないの事を正しく表現するのは「多様性」じゃないでしょ。実際に色覚が人と違う事で生活に支障がある場合もあるんだから。ここまで過敏に「みんな同じ」にする必要ないと思うけどな。ちなみに、よく議論になる障碍、障がいも、うちは障害で全く問題ない。ただし、人によって感じ方が違うのは分かるので、障害の表現を嫌う人がいることは否定しない。
優勢、劣勢は確かに意味を誤解しやすいので変更して正解だと思う。
名無しさん
そんなことしなくても、ちゃんと先生の話を聞いていたらわかるとおもうんだけどね。
17年ほど前のことだけど、先生は優れているとか劣っているってわけじゃないって懇切丁寧に説明してくれたよ?
名無しさん
そう思うだろうけど実は、ってとこが理解されないのは、理解しない方の問題なんだけどね。
名無しさん
mutation=変異→多様性=variety
英語と日本語が対応しなくなるね。
誤解を招く表現だとは思わないが。もしこれが招くのであれば、もっと他に変えるべき表現はあるだろうよ。
名無しさん
みんな、中学高校の理科の授業をまじめに聞いてなかったのね。勉強不足の多数派をマスコミやらが甘やかしすぎでは?マスコミにはもっと毅然としてほしい。
名無しさん
色盲が色覚多様性?には違和感。
名無しさん
色覚多様性
他人よりたくさんの色が見えてるみたい。
名無しさん
「盲」は差別ではないと思うが。
それでも字が気になるなら「色覚減少」とか「色減」で良いのに。
名無しさん
「視野狭窄」が有るから「色覚狭窄」も良いな。
名無しさん
1型色覚者とか2型色覚者とか言って分ければ良いのでは。
名無しさん
一々授業で説明しなければならない悪訳だったから珍しくgoodjob。
でも多様性の件は違和感しかない。
名無しさん
優性遺伝が利点のある遺伝で、劣性遺伝が欠点のある遺伝じゃないし、
優性劣性は顕性潜性に変えるのはいいと思う。多様性の方はvariationの
訳語としてのみ多様性を使うならいいけど…例えばgeneticvariationは
遺伝的変異から遺伝的多様性に変わったとしても大きな問題はないし。
ただmutationの訳語までが多様性になっちゃったら大混乱になると思う。
あと色盲/色覚異常は元々がcolorblindnessのはずだから、訳語としては
色盲が一番意味合いとしては適切なんだよなぁ…色覚的視覚障害くらいなら
まだいいけど、色覚多様性はちょっと訳語が乖離しすぎてると思う。
名無しさん
優性遺伝子・劣性遺伝子については正しく学んでいれば遺伝性の優劣であり、遺伝子としての優劣でないことは分かると思うけど、誤解する人・恣意的に遺伝結果の優劣と取る人がいる以上言い換えるのは良いと思う
遺伝子の変異を多様性とすることもその通りだと思う
だけど色覚異常や色盲を色覚多様性とすることはどうかと思う
異常と多様性は異なるのでは?
血液中の白血球や赤血球の占める割合も多少は個人差があるが『極端』に少ないのも血液多様性とは言わず白血病というし
耳で聞こえやすい音域が人それぞれバラツキがあるのは多様性だが、特定の音域が聞こえないのは難聴という
色覚異常や色盲も病名としては相応しくないと思うが多様性というのには無理があると思う。
もっと他の病名を考えるべきではないでしょうか
名無しさん
色覚多様性って事は、赤信号が青に見えたから渡っても違反にならないって事か?
表現に無理を感じる。
名無しさん
今更感が否めない。
遺伝の知識がある人は、端から理解していると思うけど、植え付けられたイメージを覆すには時間が掛かりそう。
名無しさん
優性・劣性に「優れている・劣っている」という意味はないから、
顕性・潜性の方が語感としてはふさわしいかな。
ナチスの遺伝学では優劣の意味を込めていたから、そこら辺からして
めちゃくちゃだったがw
ただ、専門用語というのは日常の言葉とは違う意味で使われる場合も
多い。法律用語だと、「善意の第三者」というのは「事情を知ら
なかった人」という意味だし、経済学の「限界」もぎりぎりとか、
限度いっぱいという意味ではないが、学生のほとんどは「限界費用」
と聞くと「ぎりぎりの費用」だと誤解してしまうので、正しい意味を
説明するだけでも一苦労だったりする。「期待」も予想の意味だし。
誤解を招きやすい専門用語をよりわかりやすくいい換えるのは賛成
だが、全部いい換えられるわけではない。
名無しさん
色覚多様性?そこは色盲や色覚異常でいいんじゃない?
色が判断できなければ命にかかわることもあるのだし、「多様性」のような表現を使うべきでないのでは。
名無しさん
入試関連の書籍は軒並み改定になりますね。
名無しさん
優性、劣性でそういう誤解をする人がいるとは思わなかった。まともに中学生レベルの勉強をしていれば、ありえないと思うけれど、実際にそういう人がいるなら、変更は良いと思う。
名無しさん
遺伝法則の呼称として
「優性」「劣性」から「顕性」「潜性」にするのは
言い換え後にマイナスイメージの払拭に成功はするだろうけど
「色覚異常」と「色盲」から「色覚多様性」へは、意味がないと思う。
「強迫性神経障害」が「強迫神経症」になっても
「精神分裂症」が「統合失調症」になっても
何も変わらなかったように
プラスイメージにこだわり過ぎているだけで
治療か、支援か、手立てか、何かが必要な状態に変化がない。
イメージも変わらないと思う。
「自閉症」と「ダウン症」こそ、呼称を変えた方がいいと思う。
名無しさん
ダウン症のダウンは人名だぞ。
なにか勘違いしてないか?
名無しさん
遺伝の優性と劣性は確かに内容的優劣ではなく
遺伝的に現れやすいか現れにくいかでしかないし言い換えもありだけど
色盲に関してはどうだろ?
信号の三色の見分けできないレベルの人もいるし。
名無しさん
数年前、理科の先生が、
優勢劣勢と書いてはあるけれど、この書き方はよくないと思うと言っていた。
これはいい事なのではないだろうか?
ただ、色覚異常とかは、長年用語として使っている人もいるだろうし、徐々に変わればいいんじゃない?
名無しさん
優越意識、劣等感、これは、似ているもののように感じる。
白人だからと優越意識を持ってみたり、
そういうのが、差別や偏見に繋がっていくのではないかと思う。
自信が人を魅力的にも魅せるし、
その自信が傲慢や高慢への道にいつのまにか変わってしまう事も少なくない。
優性だの、劣性だの、確かにやめた方がいい。
名無しさん
優性劣性と教わった側からすると違和感あるけどたしかに勘違いも生じやすいし仕方ないと思う。
てことは「優性の法則」も「顕性の法則」なるってことか
名無しさん
優先して発現するから「優性」。そのように解釈していたので今まで全然違和感がなかった。最初に名付けた(訳した?)人もきっとその意味合いのつもりだったんじゃないかな。漢字一つで様々な事柄を表現できるのが日本語の良いところなのだろうが、それが裏目に出てしまったことなのだろう。
名無しさん
これ、ずっと前から違和感感じてた事だったので結構なことだと思います。…化学や物理学でも誤解を招きそうな用語が沢山あります。思い切って換えたら良いと思います。
名無しさん
表現をより的確なものに変更することは、いいことだけど、、
学問的には、とにかく、(学問的)本質を学べということ。
優性、劣性→人間の優劣 などと捉えるなんて、19世紀の話。
今だにそんな人がいるなんて、中・高の生物で、何を学んだのか・・・。
上辺だけの用語を覚えて、勝手な解釈してたら、学問を学ぶ意味がない。
遺伝的優劣よりも、教養的優劣の方がはるかに大きい・・・。
名無しさん
そう言う差別に目を向けることは良い試みだと思うが、考えたらきりがない事も事実。表や裏、陽と陰のように。
名無しさん
良いことだと思います。むしろ遅すぎた。強いとか,弱いとかの方が分かりやすいとずっと思っていた。
名無しさん
やっとかぁw
塾講師をしていた時は、毎年遺伝の授業は細心の気を払った。
本ニュースにある通り、優性劣性の意味合いは、誤解をしないよう再三念を押して指導した。
エンドウの種子を動物やヒトに置き換えて、誤解を生まずに面白い授業ができるようになるまで、長年かかったなぁ
名無しさん
中学校の教科書も変わるのかな?
名無しさん
確かに学校で「優性」と言っても優れているという意味ではなくて、云々と説明を受けた気がするので、きちんと勉強している人は脳内できちんと理解していると思うのだけど、やはり勘違いする人は多いので名前の変更は賛成です。
法律用語で「悪意」と「善意」というのもわかりにくい。単純にある情報を「知ってる」事を「悪意」と言い、知らないこと「善意」というらしいけど、なんでこんな用語にしたのかね?専門用語は謎が多すぎる。
名無しさん
たいして意味もわからないままに言葉だけ見繕うことに何の意味があるのかな?キチンと内容理解していれば多言語の日訳が正確な方が良いのでは?
名無しさん
確かに古い訳語でセンスが悪いとは思うけれども。
理科の授業で、「優性・劣性とはいうけれど、これは決して一方が他方より優れているという意味ではないんですよ」と確認することで学びの機会があるとも言えないだろうか。他の、差別語とされる古い言葉もそうだが、見えないように消し去るだけでは本当の教育はできないようにも思う。
名無しさん
概ね同意だけど、「色覚多様性」は違和感を禁じ得ない。。。特定の色味の感じ方が他の人と違うという意味では「多様性」をチョイスするのはわかるけど、どうもピンとこない。それを是とするなら、他の疾患だって「多様性」で言い換えられるんじゃないか?言葉の使い方に無理がある。
名無しさん
どうせならもうちょっと馴染み深い言葉に変えてほしかったなぁ。
名無しさん
色覚多様性という言葉について。最近は色覚は年齢、性別、光彩の色が違う事により皆違うだろうと言われているらしい。例えば若い時はクリアに見えた色も年齢が上になるに連れて徐々に黄ばんで見えてくるらしいし、光彩の色が透明に近くてその内側が透けて見える人(青や紫等の色の目の人)程光が入ってきたときに感じる視界は眩しくなるらしい。色盲で良いんじゃないの?という書き込みがあるけど色盲はその多様性の一部と捉えて色覚多様性という言葉を使ってるのでは?
名無しさん
意味を理解していれば誤解はしないんじゃないのかな?
確か中学生くらいで習う、義務教育レベルの話だったと思うし…
設備関係の仕事しているけど、あまりふさわしくない言葉って結構多く使われているんじゃないかな?
メクラ○○(ねじや板)という言葉や、電気配線や色々な配管、それ以外にも色んなケースで、活きてるとか、死んでるとか使って、それに慣れてしまっているから、個人的には病院勤務の時には気を遣いました。
名無しさん
まあ、そうかもしれへんけど、、今更やんなあ。。
名無しさん
多数派だからといって、優れているとは限らない。
名無しさん
いたちごっこですね。
以前精神分裂病が統合失調症になりましたがこんどはそれを短縮した統失(糖質)が差別的に使われています。
結局言葉を使う人次第です。
名無しさん
いや、分かりにくくないですか?
 

スポンサードリンク

One Response to “遺伝の法則「優性と劣性は使用中止!顕性と潜性にする」用語変更にネットの反応は?【メンデル】”

  1. 匿名 より:

    聴いて判りづらい言葉だな。えっ、ケンセイ? じゃなくてセンセイ?

コメントを残す

このページの先頭へ