ユナイテッド航空がペットの子犬を頭上ロッカーに収納し死亡させる!犬は荷物じゃない

スポンサードリンク

ユナイテッド航空のトラブルと言えば、このブログでも何度か取り上げています。

レギンスの少女たちを搭乗拒否!ユナイテッド航空にSNSで非難の声

ユナイテッド航空が乗客を暴力で血まみれにして引きずりおろす!!酷すぎる…

トラブルが多い航空会社のイメージですが、今回は乗客の子犬を頭上の荷物入れに収納し死亡させてしまったというものです。

これはかわいそうですね…。

米ユナイテッド航空は13日、客室乗務員が乗客の子犬を頭上の荷物入れに収納するよう客に指示したところ、子犬が死亡してしまった問題で、非を認めて謝罪した。

テキサス州ヒューストン発ニューヨーク行きの機内で12日、乗客が正規手続きを経てフレンチブルドッグの子犬をキャリーケースに入れて機内に持ち込んだところ、乗務員がケースを頭上に収納するよう指示した。ニューヨークに到着した際に飼い主がケースを開くと、子犬は死亡していたという。

ユナイテッド航空は「決して起きてはならない悲劇的な事故だった」とコメント。「私たちはこの悲劇に全面的な責任があることを認め、ご家族に深い哀悼の意を捧げます。ご家族への支援に全力を尽くします」と述べた。

同社はさらに、「二度と再発しないよう、事実関係を徹底的に調査しています。ペットは絶対に頭上ロッカーに入れてはいけません」 と付け加えている。

乗り合わせた目撃者によると、乗務員の1人が乗客に、航空会社が認めているキャリーケースを頭上のロッカーに入れることを求めたという。指示した乗務員は後に、ケースの中に犬がいたとは知らなかったと話していたという。

犬を連れた女性のすぐ後ろに座っていたという乗客のマギー・グレミンジャーさんは、旅行サイト「One Mile at a Time」に様子を話した。

「ユナイテッド航空の乗務員が女性に、生きている犬を入れたバッグを頭上のロッカーに入れるよう指示するのを目撃した」

「乗客は頑として譲らず、ケースの中に犬がいることを口頭で伝えていた」

「乗務員は引き続き、ケースをロッカーに入れるよう再び求め、乗客は結局それに従った」

「フライトが終わるころには、犬はもう死んでいた。女性は飛行機の通路で泣いていた」

グレミンジャーさんはツイッターでも、「この女性と娘さんを助けたい。彼女たちはユナイテッド航空の乗務員のせいで、ペットの犬を失いました。私の心も張り裂けそうです」と書いている。

座席上の荷物入れは真空状態ではないが、酸素不足が子犬の死につながった可能性があると米メディアは伝えている。

ユナイテッド航空は、動物機内持ち込みについて、「機内にペットを持ち込む場合、事前に承認を受けた硬質素材あるいは軟質素材のペット用ケースに入れなくてはならない」と定めている。

「キャリーケースは乗客の前の座席下に完全に収納できる大きさで、常時そこに収納した状態でなくてはならない」と決められている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-43395639-bbc-int

 

以下、ネットの反応

名無しさん
記事ちゃんと読まずにコメントしてる人多すぎ。
・ペットを入れた手荷物は正規手続きを経て持ち込んだ
・ペットを入れた手荷物は座席下に格納しなければならない
・頭上ロッカーに入れるよう指示した乗務員に対し、乗客はペットが中にいることを伝えていた
上記書かれていますから、乗客に非はなく、乗務員の格納場所指示ミスです。
名無しさん
フレブルって鼻短いから犬種的に飛行機乗れないものと思ってた。ましてや子犬なら、気圧変化にも耐えるのも容易ではなかったかもしれない。でも正規手続きとってケージにもちゃんと入れてて、子犬が入ってると言ってるのに頭上に収納するよう指示したり、いざ問題になってから犬が入ってるとは知らなかっただの、酷いと思う。
名無しさん
ひどい話!
情けなくて泣けてくるよ、もう。
名無しさん
正規の手続きしててこれじゃあ酷いよね
ユナイテッド航空にいいイメージないわ
名無しさん
ちゃんと手続きをしたのに、この結果は酷すぎる。

普通ペットは貨物室に入れられるけど、それが不安で客室持込の手続きをしたんだと思う。それなのに。
名無しさん
乗客は正規手続きをしたのに…こんなのってないよ。。
名無しさん
この乗務員の積極的な怠慢が起こした事案だな。
乗客は正規な手続きを経た上で生物がいる事を主張してしていた。
この乗務員がきちんと確認し、手続きがなされた上でペットがどの様にしていれば良いかを把握していればこうはならなかった。
知らないのなら、他の乗務員に聞けば良かったし、指示を仰げば良かっただけの事。
無知だけならば罪にはならんが、それで我を突き通し一個の生命を結果的に奪った罪は重い。
何と言うか。馬鹿に付ける薬はない。とはよく言ったもんだな。とは思ってしまう。
そんな風に非難したところで、この命が戻ることは無いのだが。
せめて、悲しまず苦しまずに逝った事を祈るしか無い。もし、恐怖の中で亡くなったのだとしたら、と思うと胸が潰れてしまうほどに悲しい話だな。
名無しさん
ダメだこりゃ
名無しさん
まずフレンチブルドック(鼻ペチャ)自体が、飛行機が厳しいだろう
日本ではJALは禁止、ANAは一定期間禁止で、暑さに弱くリスク高すぎ。
今回はフレンチブルドックの子犬となれば、まず飛行機なんて無理すぎ。
乗務員の行動はどうかと思うがね
名無しさん
フレブル自体、鼻が短く気圧の変化がかかるような飛行機に乗せたりするのは向かない犬種って言われてるのに、なんで乗せたんだろう…。よほどの事情があったのかしら…とも思うけど悲惨すぎる。飛行機会社の指示もなんだかなだし、納得いく説明はあったのか?真夏の散歩でさえ控えるように言われる犬種なだけに、出来るなら飛行機以外の移動手段も検討してほしかった。
名無しさん
またユナイテッド航空か
名無しさん
毎回問題をおこしている、ユナイテッド航空は全員の再教育必要があり。接客業として再度お客様第一主義を考え実行して欲しい。
名無しさん
絶対にユナイテッドに乗らないことを
決めた。
名無しさん
ケースの中に犬がいるとは知らなかったって、乗客は口頭で知らせてたのに知らないってヘタな言い逃れだ
名無しさん
ちゃんと手続きしても引き継がれてないとか、乗務員の無知で面倒なことになるとか、日本でも良くあるよ。
私は楽器を別料金で持ち込んでいるけど、上の棚に上げろとか、乗務員が預かるとか良く言われる。
座席分のお金を払っているのに。
自分でしっかりしないと、おかしな乗務員の指示に従わないといけない。
ものが壊れてからでは遅い。
お金の問題ではない。
この被害者の人は上棚が酸欠になるとまでは知らなかったのだろう。
名無しさん
ユナイテッドって、、、ダメだね。
地に堕ちた、堕ちきったね。
名無しさん
乗務員の再教育が必要。ヒドイ話だ。
名無しさん
機材は素晴らしくなり、安全性も昔に比べれば格段に高くなったのに反して
客室乗務員の質の低下の加速は
どのエアラインでも感じられるのは
なぜなんだろう。
名無しさん
フレンチブルドッグの様な鼻の短い犬種は気圧等に弱い為、飛行機に乗せるのは特に用心が必要です。しかも、狭い頭上の収納場所の狭い空間での移動は本当に苦しかったお思います…。許可を得ての搭乗だったそうなので、せめて足元に置いとけば助かったかもしれないけど、子犬+フレブルなので助かってたかどうかはわかりませんね….。子犬が可哀相の一言….。
名無しさん
そのCAさんに言ってあげれる人居なかったのかな?アメリカなら、ペットを機内持ち込みなんて日常茶飯事だと思うけど、今回に限って何があったのやら。

名無しさん
女性が訴えていたということは
ワンちゃんが入っているということを
理解してたことでしょう。
知らなかったはおかしい話ですよね。
ワンちゃんのご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
荷物棚に入れっぱなしで着陸まで様子を見なかったのかな?
私だったら仕方なく従ったとしても気になってシートベルトサイン消えたらすぐ確認すると思う。
名無しさん
国内は、フレブルは貨物室禁止。以前亡くなった事があったから。気圧にとても弱いし、かつ暑さにも寒さにも弱い犬種。新幹線でもかなりしんどそう。今回は酸欠が死亡の原因なのかな?
この飼い主さんは座席下に置くよう届け出や対処をしていたのだから、CAに否がある。声をあげてくれた方がいてまだ良かったが胸が締め付けられる。
でもうちのフレブルは飛行機に乗せない。成犬だけど子犬なら尚更。多分日本のフレブル飼いさんの多くがそうだと思う。外国はまた意識が違うのだろうか。
名無しさん
自分も犬が好きなので連れて行きたい気持ちも分かるんですが、たいして身動きの取れない狭い空間で、周りが見えないところに何時間も置かれる犬の気持ちを考えると、辛いだろうなぁって思ってしまう。
名無しさん
読まなきゃよかった・・・。可哀そう。
名無しさん
通気性の悪い頭上の収納スペースに入れるのは論外だけど、そもそもフレンチブルやブルドッグなとの短吻種を飛行機に載せるのはリスクが高いですよね。禁止している航空会社もあるのはご存知の通りと思いますが…。
仔犬だったから体力も無かったんだろうね。
可哀想に…。
名無しさん
たぶん床下に置いてても、しんどい旅だったと思うよ・・人間の赤ちゃんや幼児でも大変そうなのに・・気の毒だけど、ペットホテルとかに預けて出かけるべきだったね。。
名無しさん
時々カバン開けて様子見なきゃ、可哀そうだわさ
名無しさん
航空機会社の対応は非情すぎるが、飼い主も途中で様子を見るとかできなかったのかなぁ。頭上に収納されたら、開けたり閉めたりはできないのか。様子を見てあげられたら、結果も変わったかもしれない。
名無しさん
航空機は日常の足として、激しい価格競争をしながらも、安全性確保だけは経営に直結するのである程度の水準で守られているが、従業員の教育レベルは既に期待出来ない水準に成って久しい、、、ただし日本だけが特殊で、未だにおもてなしの心が多少とも残っているし、CAも何となく憧れの職業的な意識もかろうじて生き残っている。世界の現実は全く違うという事。
名無しさん
そもそも、フレンチブルドッグのような小型犬が耐えられる気圧なのかが疑問。
名無しさん
正式手続きのとれたキャリーケースが座席下に収まらなかったとは考えられません。客室乗務員の無知か無情のために大切な家族を喪った方に心から同情します。日本と違い客室への持ち込みが許されていても、こんな事故が起きるようではアメリカのペット事情も実は日本と大差ないのかもしれません。
とはいえフレンチブルの仔犬・・・そもそも危険を冒して飛行機に乗せる必要があったのか・・・お留守番させる選択肢もあったでしょうから、これは愛犬家としても教訓となります。
とにかく罪のないワンちゃんのご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
ユナイテッドのトラブル多すぎるのでは?
乗務員の質が悪すぎる。
名無しさん
因みに、2017年に飛行機の中で死んだ動物は24匹、そのうち18匹はユナイテッド、怪我をした動物は15匹、そのうち13匹はユナイテッドだったらしい。
もし、アメリカ国内で猫を連れて長距離移動しなければならなくなったら、時間もかかるし、きついけど、車にしよう。
名無しさん
ブルドッグやパグのように短鼻系の犬は呼吸困難になりやすい。気圧が少しでも下がると荷物室でも死ぬことがある。航空会社はチェックインの時に同意を求めることもある。
名無しさん
この間孔雀と搭乗しようとして登場拒否された人の話があって以来、動物、特にサービスアニマル同伴関してあらゆる所で厳しくなった。
今回の仔犬はサービスアニマルか否か分からないが、何となくこの間の孔雀の件を踏まえて上に入れる様指示したのでは?と思ってしまった。
飼主も仔犬も可哀想過ぎる。
名無しさん
フレンチブルの特に子犬は気管が弱くて日本国内でも以前航空機での死亡事故が多発した時期があった。
そのためフレンチブルの空輸は禁止にしてる航空会社もあるほど。

今回の件は頭上の収納に入れられての窒息死だろうけど、飼い主もちょっと不勉強だったように思う。
名無しさん
ユナイテッドっていい話聞かないね。
名無しさん
UAの質がここまで落ちるとは思わなかった。
30年くらい前に同社を利用したときは素晴らしいと思ったけど。
名無しさん
問題を起こしてるのはユナイテッドだけじゃないかもしれないけど、この会社はそのうち大事故を起こしそうな気がする。まさかと思うけど、非常時に乗務員が真っ先に逃げたりしないだろうね?
名無しさん
読んだら悲しくなりました。。
名無しさん
アメリカってこういうことよくあるんだよね
ちゃんとした手続き踏んで支払い完了しても追い金取られそうになったり、以前のハムスターの件もそうだけど飛行機に限らずいろんな場面で人によって対応違うとか、ありありです。
自分をしっかり持って、それはできない、あり得ないということを全力で伝えないとこういう悲しい結果を招くことは十分あり得ます。
疲れます。
名無しさん
日本の航空会社はフレンチブルドッグみたいな鼻がない犬は機内持ち込み不可です。断る優しさも必要ですよねって今回の頭上収納の件は論外ですが。
名無しさん
規定のケースなのかもしれませんが、そもそも動物を飛行機に乗せるというのはリスクがあると思います。
どこにおいても死んでしまうことはあると思います。
規定の場所に乗せていた大型犬が亡くなったという話もあります。
名無しさん
フレブルちゃんのような鼻ペチャ犬は、飛行機リスクがあります
ANAとJALは乗せられないはず
なので、きちんと対応してたとしても、絶対安心な補償はないのでは?
名無しさん
去年ヨローッパ旅行した時、私の後部座席に一人分の座席を確保してもらい、おとなしく3時間くらいのフライトを飼い主とともに旅行している中型犬をみました。
おとなしく、一回も吠えたり泣いたりしませんでした。よく訓練された犬だったのでしょう。私は自分の後ろに犬がいることになかなか気がつきませんでした。臭くもなかったし人間よりもおとなしかったかも!
無制限に認めるのもどうかと思うけど、ある程度乗務員なりチェックインの時なり判断すればいいと思うけど・・。難しいですね。何よりも画一的に判断することは良くないと思いますけど・。
名無しさん
誰でもあるとは思うけど、命が関わる現場での思い込みほど恐ろしいものはない。特に医療現場の看護師など、薬の入れ違い、点滴ミスなど
命に関わるものは必ず2人以上で確認しないと。
あと、このやり取りは他の乗務員は見ていなかったのかな?
誰かが間違いだと正してくれれば…。後悔先に立たずですね。
名無しさん
客室に持ち込まないほうが良いかも
娘がアメリカから
猫を二匹連れて帰りましたが
貨物のほうにケージに入れて帰りました
睡眠薬を少し飲ましていたのかも
成田で検査をしなければいけないし
動物の運送は検疫もあるし大変
名無しさん
子犬を頭上に…(・・;)?
乗務員は生きてる犬がいることを知らないって…キチンと伝えてるのを見てる人もいるのに…酷いなぁ(>_<)
何故こう言うことになるの?
乗客はキチンと手続きしてるらしいが…乗務員の間違った判断でも、それは間違いと指摘する人はいないの?
乗務員は1人じゃないでしょ?(・・;)
これはいくらなんでも酷いよ…
可哀想に(>_<)
名無しさん
酸欠よりも気圧かな?
初めての機だったらショツク死もありえるかも!
名無しさん
頭上の収納棚って室内とそんなに環境が違うの?
客室内と温度・気圧が異なるほど隔離されてはいないと思うんだけど・・・・
だって、飛行中でも開閉できるでしょ。
名無しさん
気圧の関係でフレンチブルドッグの様な鼻がペチャっとした犬は機内に持ち込むのには適していないので持ち込むのが事故の大きな原因です。ただでさえ負担がかかるのに荷物扱いはひどすぎます。ユナイテッドのCAはまともな教育をされていないのですね。しかも嘘つきとは最悪。事故が起きたら乗客は置き去りにされそう。
名無しさん
もう10年以上前になるが、ロサンゼルスから帰国する際、正規の手続きをして犬をケースに入れて機内に持ち込みましたが、座席の下でした。離陸後はケースに入れたまま座席の上で、ケースのオープンもOKでした。小型犬でも少し大きめでしたので、サイズ的にほとんどの航空会社がNGでギリギリでOKになったのがタイ航空でした。対応してくれたのは日本アテンダントでした。
名無しさん
乗務員はケースの中に犬がいたとは知らなかったと話していたそうだが、
それだと乗客が頑なにロッカーに入れるのを拒んだのか説明がつかない。
名無しさん
キャリーが座席下に収納できる大きさでちゃんと収納されていたのかが書かれていない点が気になります。
ちゃんと収納されていたのに、上に入れろと言われたのであれば絶対に従うべきではないです。
乗務員もおかしいけど、そもそもフレンチブルを飛行機に乗せなければいけないどうしようもない理由があったんですかね。
私ならまず飛行機に乗せないし、どうしても乗せるしかない事情があって乗せるにしても上に収納しろと言われた時点で一度降ります。
名無しさん
飛行機にペットを乗せられる事自体を知らなかった・・・。
動物アレルギーのある人がいたら困らないの?
名無しさん
ペットと人が一緒に乗れる専用飛行機を作ればいい︎
ペットブームだし、需要はあるはず。
少し金額上げても大切なペットを心配なく乗せれる様にして欲しい。
柔らかい入れ物、空港で貸し出ししたら良いのでは?

名無しさん
可哀想です。キャビンアテンダントが、そのようなことをしたのですか?飼い主さんもそれは困ると強く言ったのかな?そうだとしたら、この航空会社の運用方針に問題がありそうです。
名無しさん
それでもペットの犬も家族同然の扱いの人も多いし、この航空会社の対応もどうだったのかな。
名無しさん
まあ、乗務員の対応がマニュアルを外れていたのであれば
非難されてしかるべきだとは思うけど。
ただでさえ子犬は弱いものだし、
どこに置こうと気圧の変化で大きなストレスはかかる。
正しい対応をしていれば死ななかった、という保証は
どこにもないように思える。
名無しさん
頭上ロッカーでも座席したのスペースでも大差はないと思うが
気圧の変化によるショック死じゃないの
名無しさん
何度も飛行機乗ったことがあるが、ペット持込可とは知らなかった。
生命なので、色々あるわね。
名無しさん
アメリカの航空会社には乗りたくないね。
会社の体質や乗務員の判断に問題多すぎる。
名無しさん
とてもつらい。ハムスターの件もこの件も、降りればよかったじゃないかといえばその通りなんだろうけど、その現場にいるときの心情や思考と、後になって机上で考えることは全然ちがったものになる。いつでも正論はただただ机の上に置かれた教科書でしかない。
名無しさん
ユナイテッドは人為的なミスが多すぎる。またかと思う。コンプライアンスを全く見直していないから、同じ事を繰り返して残念。
名無しさん
日本国内でだけど遠方より仔犬を買った事がある。飛行機だとかなりのストレスが掛かり死んじゃうかもしれないとブリーダーが言うので車とフェリーで連れて来ました。
今回の件、ロッカーに入れる指示をした係の人も問題だけど、正規の手続きをしたからと言って一緒に飛行機に乗るなんて自殺行為だね。
うちのその時の仔犬はもう老犬になっちゃったけど、まだ元気でいます。
名無しさん
犬はどんなに苦しかっただろう。飼い主さんはどんなに申し訳ないと思っただろう。
でも… 俺なら、どんな形で犬が運ばれることになるのか事前に航空会社から確約をとれなければ、愛犬を、状況を理解できない家族を、飛行機には乗せない。それが機内で実現されないなら、降りる。
もちろん、そんな余裕がないときも、それ以外に選択肢がないときもあるだろうけど…
名無しさん
CAの対応は確かに最低。知らなかったとの返事もありえない。即刻解雇すべき。
ただ、飼主もどうか?絶対、拒否すべきだったと思う、なくなった命は帰ってこない。
名無しさん
またスターアライアンス加盟社が犬殺しかぁ。
わが国でもあったね。
名無しさん
鼻が短い短頭種犬種は飛行機に乗せるのはタブー、非常に危険。飼い主も知識がなかったのかな。
名無しさん
私、これ経験あるけど自分の座席の下の部分に収まるサイズまでだからせいぜい成猫一匹程度が足を丸めて座った状態。フレブルの子犬だと大きさにもよるけど、何とかギリギリって所。
で、ケージサイズは乗る前に規定の大きさは知らされていると思うから普通は問題ないはず。自分の椅子の下に入れ込んで、自分の足は自然に伸ばして座れる状態でないと。
でなければ貨物室行きです。中型・大型犬はもう決まってそこ。
この場合も可哀そうだけれどまだ貨物室の方が良かったと思うよ。
少なくとも死ななくて済んだはず。
ユナイテッドは乗務員の教育をきちんとしないと、ね。
名無しさん
ちゃんとした手続きをして搭乗したのに
可哀想に…
知らなかったってそんなわけ無いじゃん
保証ってさ
愛情沸いてる我が子同然のわんこをお金に
変えれません
気の毒でなりません
名無しさん
アメリカの航空会社って情けない!
いろんな意味で。
これは国民性と言えばそうかも知れないけど。まずクルーが権限持ちすぎ。態度が悪い!組合がバックについてちょっとやそっとじゃクビにならないとわかってるからか?
とにかくフライトクルーはサービス業としては認識してないようだ。
名無しさん
本当に大切なら、ペットは飛行機に乗せずに済むようにした方が良いのだろうね。
何らかの形で、スタッフのちょっとしたミスで思わぬ死を迎えることになってしまうかもしれない。
一緒に旅行とかに連れていきたいとしても、信頼できる友達や家族に預かって貰うことがペットにとって一番なんじゃないかな。
名無しさん
可哀想フレブル…
でも、まだ子犬でしょ?
乗務員も子犬と確認してるにも関わらず頭上に収納しろとは判断すること自体がミスだった訳だけれども、飼い主さんも機内に子犬は、ましてはまだ体力もそこそこで万が一の時を考えたら乗せない方が良かったのでは?考えさせられますよね?…
でも、亡くなってしまったフレブルは帰って来ない。
悲しい…
ペットだって命はある!頭上に収納する事は辞めましょうね…可哀想だよ。
名無しさん
そもそも人間が乗る飛行機なのに、弱いペットを連れてること自体問題だよ。 人間ってそんなにエゴイストなの?ペットは一緒に乗りたいって意思表示した?そんなんじゃないでしょ、人間の一方的な愛で振り回されるペットの身にもなれよ。  家族同然とかいうけど、最近の飼い主は異常だよ、服を着せたり、ベビーカーに乗せたり、本当に愛玩動物化してて、かわいそう。
普通に飼っている人を批判してるわけじゃないです。最近町まちで見かけたり、電車で見かけたりするので、かなりのストレスを感じてるのではないのでしょうかと思い書きました。
ユナイテッドの件は、たしかにこの親子というよりユナイテッドが悪いです。  飛行機に動物を乗せては不可にするべきです。
自分の車で移動か、船をつかうとか、大変だけど、ペットには良いと思います。  人間でさえあの気圧の変化にはとってもきついのに、
飼い主にもやや、責任はあると思うね。
名無しさん
例えばの話、子供を上の収納に入れてたらアウトってことなのかな。生物がどのくらい大丈夫なのか試したこともないのでよくわからん。
名無しさん
アメリカ、ヨーロッパ便のエコノミーに乗る頻度の多い方はそこそこお目にかかったことがある光景だと思うが、犬用に座席を購入すれば犬はルールに沿って便乗できる。犬用の座席を購入しなくても、既定内のゲージにペットが収納されていれば、ルールに沿って座席の下に収めてることが出来る。ペットを亡くしてしまった飼い主さんは、座席を購入しようとしたが満席だったのかもしれないが、もし自分だったらと考えると、犬用の座席を購入し便乗できることを条件にチケットを探すかな。小型犬で死んでしまう覚悟があれば最初からバルクに載せるのもありだと思うけど、そもそもLiveanimalは航空会社もそのリスクについて乗客にサインさせて乗るわけだし、足元にペットを置けないほどの満席、アレルギー申告者がいる場合はバルクに乗せることを提案させられるはず。今回はUAが全面的に非を認めている以上、すべての過失はUAにあり、乗客に過失はない
名無しさん
頭上ロッカーのせいかどうかわからんだろが。
明らかに責められるべきは、知らなかったとの言い逃れその1点だけだよ。我が子なら逆さ磔に値する情けない言い逃れではあるが
名無しさん
これは航空会社が悪いように思うな。
ペットの価値ってのは、皆それぞれだと思うけれど、家族と同様と感じるならそれ相応の慰謝料を請求できるだろうね。
しかし、どんなもんなんかね?
俺ならペット連れて飛行機なんて乗らないけどな。仕方なくなんだろうけど。このあいだのハムスターといい、なんかなぁ、、、。

ペットがいるから、ディズニーランド行かないとか、ペットホテルに預けたくないとか、そういう友人がいるけど、片時も離れたくないから旅行を諦める遠出しないっていう友人の方が多いんだよね・・・。
 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ