【ペットも高齢化】犬の認知症が増加!!介護が必要になることも…予防に有効なのは?

スポンサードリンク

 

犬や猫などのペットも人間と同様に高齢化が進んでいます。

それに伴い、犬の認知症が増えているそうです。

寝たきりになり介護が必要になる犬もいるといいます。

ネット上では犬の介護経験をした人の声が多くよせられています。

犬の場合、認知症の症状は明確だ。15~17歳で夜鳴きや徘徊、壁の前で立ち尽くすなどの現象が起きることがある。一方、猫も夜鳴きや徘徊はするが、甲状腺ホルモンが多くなる甲状腺機能亢進症など別の病気の可能性もあり、「猫は認知症発症率が低いと言われていますが、まだきちんと研究されておらず、症候論(医師が診断する際の判断基準)が確立されていないというのが現状です」(小澤さん)

現在、認知症の特効薬はないが、症状の緩和や予防は可能だ。例えば、足腰が弱い犬には滑りにくい床を提供するなど、環境改善が一つの対策となる。

「7歳以上の犬猫は年に2回の健康診断が理想です。飼い主との会話の中で、認知症の疑いが発見されることも」(小澤さん)

●少しの工夫でストレス減

また、脳の働きに良いとされる成分を含んだフードやサプリメントの摂取という方法もある。

Meiji Seikaファルマの犬用栄養補助食品「メイベットDC」は、ここ15年間売り上げが一定だ。動薬飼料部の吉見泰さん(53)は、「数週間続けると夜鳴きが減ったという声も聞く」と言う。

吉見さん宅にも最近まで老犬がいたそうだ。家具の配置換えなどを行って、隙間へ入り込まないよう対策をしていたという。また、数枚の風呂用マットで丸く囲いを作って、その中で老犬に安全に過ごしてもらう方法などもあるとアドバイスする。少しの工夫で人間も動物もストレスを少なく共生することが可能になる。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170615-00000038-sasahi-life&p=2

記事に出てきた犬用のサプリメントはこちら↓ですね。この「メイベットDC」はω3不飽和脂肪酸(EPA、DHA)を主成分としています。

 

以下、ネットの反応
名無しさん
人間の介護の大変さには及ばないだろうけど
犬猫も大変。

うちも老いた犬がいますが、その辺に大小関わらず
お漏らしするようになったり目が見えずに頭ぶつけて歩いたり変な隙間に入ったり意味不明な時に吠えたり…やけに夜中に活発になったり。
躾をしてるから大丈夫なんて考えは捨てないとならない。躾は全く関係なくなる。
若い頃は丈夫でも歳がいくと色んな病が出始め
体力的に治療も不可能な場合が多く投薬のみになりがちで薬代はバカにならない。
人に大変さを話しても、経験した事がない人は
「でも犬だから可愛いでしょ〜(はぁと)」と
軽く流されますし中々分かち合える事もないですよ
もちろん可愛いから愛情があるから最後まで頑張りますがたまに泣きたくなります。
これから飼い始める人はこういうことも念頭に入れておいてほしい。
そして今飼っている人もうちは大丈夫、なんて思わず
ちゃんと心構えをしてほしい。
名無しさん
実家にいた犬は晩年はボケて昼夜関係なく吠えるようになり、家族の見分けもつかないのか近くで匂いを嗅ぐまで不安で威嚇してきたりしていた。
幸い足腰は強く介護は必要ではなかったけれど、晩年を思うと次の犬はなかなか飼えない。
名無しさん
人間と同じようにペットにも命がある。
元気に生きてるときは可愛い可愛い言うのに
病気になって入院させて治療をするのに月これくらいかかるとわかったら突然人間はいろんな理由をつけえ安楽死を選ぶ。
なんだろこの気持ち悪さ。
ペットは家族だ!と主張するのに意外にもそんな人が多かったから本当にビックリしたときがありました。
名無しさん
19歳で亡くなった犬を
介護してたけど
大変だったなぁ。
でも「今頑張らないと後悔する」と
思って頑張った。
現在進行形でペットの介護してる方
後悔の無いように
名無しさん
何が猫ブームだ。
捨て猫にご飯をあげると責める癖に増やして金儲けしてるほうには何も言わない。
この一年で老猫が三匹も死に今も一匹厳しいけどなんとか生きてもらおうと頑張ってる。なかなかご飯を食べてくれないからご飯いろいろ買ってすごい量になっちゃった。あとどのくらい生きてもらえるかわからないけど
失いたくないからまだまだ諦めない。
途中で放棄するような人は軽蔑する。
名無しさん
17歳と18歳のワンコは共に認知症になって大変だったけど、最後まで家で面倒みたぞ。
可愛がるだけ可愛がって捨てる屑共はタヒぬがよい。
名無しさん
老衰で穏やかに逝ってくれたらいいけど、現実は厳しい。
人間も動物もね。同じ家族だけに大変だ。
名無しさん
我が家の愛犬は14才、段々と老いて行くのが良く解ります。あんなに元気に走り廻っていたのに、、最後まで家族皆で一生懸命世話するからね!家族に楽しい時間、笑いをいっぱいくれたもんね。
名無しさん
うちにも14歳のマルチーズがいます。姉妹でいたのですが妹を昨年来になくして介護の大変さと医療費の負担など人間以上に費用がかかります。安易なキモチでは無理だと思います。
名無しさん
ペットは自然死させてあげたい。
名無しさん
去年15歳で亡くなった犬を1年介護したが大変だった。最後の2年間は医療費もたくさんかかったし、オムツをしていたので旅行も無理。
仕事もかなりセーブしました。自分ひとりでやろうとせず、ペットシッターさんにも頼んだりしました。でも老犬っていうのは本当に可愛い。亡くなった今も毎日想ってます。また会いたい。
名無しさん
老犬の介護は大変、でもねー可愛いんですよ、可愛くて可愛くて、何の苦にもならなかった。いい見送りが出来たと思ってます。
名無しさん
犬も長生きすればするほど認知症になり易い。今年17歳の老犬を看取ったが、人間並みに介護が大変だった。生き物を飼うときは最期まで面倒をみてほしいものです。
名無しさん
去年5月に亡くなった18歳の愛犬のメルちゃん(ヨークシャテリヤのメス)は、最後は歩けなくなって目も見えなくなり、認知症にもなって、亡くなった時は、夫婦で一晩泣き明かした。動物霊園でお祭りしているが、時々会いに来てくれる。初七日の法要を、動物霊園(お寺)の本堂で営んでいる時に来てくれたのが最初だ。なぜ会いに来たのがわかるかというと、メルちゃん特有の臭いが、プーンとするからだ。こんな話をしても、錯覚だとか思い込みとか、信じてもらえないかもしれないが、今まで4回ほど、夫婦別々に会いに来てくれている。
名無しさん
認知症にならなくても最後はたいてい後ろ足が立たなくなって介護が必要になりますからね。
うちにも16歳4ヶ月まで生きた柴犬がいましたが、死ぬまでの半年くらいはずっと介護が必要でした。痛いのか寂しいのかずっと鳴き続ける犬を昼夜問わず撫ぜて落ちつかせ、介護用のハーネスを使って立たせたり、シリンダーでご飯や水を食べさせました。
その間家族は寝不足や椎間板ヘルニアを発症したりして大変でした。まだうちの家族は若い人間が多かったので良かったのですが老々介護になってたらとても無理だったと思います。
名無しさん
記事より実際介護経験のある皆さんのコメントが胸に迫る。記事の老犬ホームに預ける人間側の理由、飼い主の高齢、転勤、結婚(?)は、どれもいまいち納得いかない。だから高齢者は年齢考えて飼うべきだし、転勤だってなんとか連れて行ったり、無理なら単身赴任で頑張ってる家族だって沢山知ってる、結婚に至っては、はぁ?
最期まで飼うのって経験ない人にはわからない、ほんとに大変だよ。
譲渡会は審査が厳しいというけど、本人が思い及ばないことも客観視してるから。こういうこと説明しないで可愛い可愛いで売りさばくペットショップもいい加減罪ではないか?犬は飼い主と離れたくないんだよ。
名無しさん
4年前に死んだ犬は白内障になって、耳も遠くなり、認知症になって昼夜逆転、一晩中吠え、段ボールで作ったサークルの中をグルグル回り続けた。もちろんオムツ。人間は耳栓して寝てた。だけど、死んだ日は(すでに徘徊する元気もなくなっていて、二週間ばかり寝たきり状態だった)珍しく正気で「おはよ~」と声をかけた私の方に顔を向けて、息苦しそうに何かを訴え、家族が見守る中、30分後に死んだ。寿命ではあったけど、しばらく立ち直れなかった。動物を飼うって、覚悟がいる。
名無しさん
覚悟しなくちゃ。何があっても何をやっても最後までずっと一緒だよ。
名無しさん
私の家にも6歳と5歳になる犬がおりますが、今この時も老後や死んだ後の事を考えます。
自分は勿論、家族の意識を今のうちから変えていかなければ将来苦労すると思い、情報収集をしております。
犬、ネコなど家族が安心・幸せに旅立てる様、飼い主の方々は大変かとは思いますが、頑張って生きましょう。
名無しさん
医療の進歩は素晴らしいが残酷をもたらす可能性も…。
名無しさん
どんな生き物でも最後まで面倒見れないのなら
飼うべきではないということ。
名無しさん
長生きという不幸せも考えたほうが良い。大事なことは健康寿命。
名無しさん
うちの愛犬(柴)は16で逝ったけど、本当に最後の最後までしっかりした犬でした。
ボケは無く、逝く


名無しさん
犬や猫を飼うかたは
こう言ったことも充分に承知の上で
最期まで大切に飼ってほしい。
名無しさん
最後がどんなに辛くても俺は自分の飼ってるワンコを自分の手で世話をして看取る。
名無しさん
野生だとそうなったら死ぬしかないんだよな。
名無しさん
うちも以前、シーズーで長生きしてくれた子がいました。最後は多臓器不全だったけど、毎週末動物病院に通いました。一時期認知症もあり、夜中徘徊してしまうので、その時は妻と二人で交代で看病しましたね。毎日寝不足だったし、長時間留守にすることも出来ないし、お金もかかるしで大変だったけど、やっぱり犬が好きだから、今も別の子を迎い入れて飼ってます。この子たちもまたいつか、そういう日が来るんだけど、きっちり最後まで見届けます。人それぞれ事情があるのは分かるけど、犬は飼い主選べないから、是非これから飼おうと思う人はその覚悟で飼って欲しいですね。
名無しさん
犬や猫も、昔より長生きするようになると認知症になっちゃうんだ(T_T)
名無しさん
ペット医療やフード、サプリメントの先進国(と言って良いのか微妙だが)アメリカ発の認知症に関する研究は全くと言って良いほど聞こえて来ない。
何故なら彼らは足腰が立たなくなった、ボケたみたい程度の理由でサクッと安楽死させてしまうから。
対して日本は車椅子をしつらえたり、最後まで寿命を全うさせてあげようとする。
日本がペットの認知症医療の最先端となりペットのQOLの向上に貢献出来るようになって欲しい。
名無しさん
お腹の大きい茶トラを拾ってから24年間も生きてくれました。(子供は15年生きました)
幸い病気もなく24年目でも外で遊び階段を登り降りしてました(かなりゆっくりですが…)
病院にかかったのは亡くなる半年前ぐらいから、発作で倒れる事があり救急で点滴注射を打つ様になりました。
父はパジャマだろうがお風呂中だろうが、すぐに車で動物病院へ連れていきました。
今介護してる方後悔ないように大変だけど寄り添ってあげて下さい。
名無しさん
どんな状況であれ最後の1秒まで飼い主さんの側で!!お願いします。
名無しさん
生きてくれてるだけでプライスレス、半年経つが未だに生き返りを信じてしまう自分は病的です。
名無しさん
うちは20年生き抜いたおじいニャンがいたけど、幸い認知症にはならなかった。
人間同様に個体差あるし、人間と同じように色々な病の悩みも増えてきた。
長寿により良いことも悪いこともあるのは人間と一緒。
人間のように自己管理ができないペットは、飼い主が責任の自覚をより持たなきゃならない。
名無しさん
人間もペットも医療技術の発達で長生きしすぎなんだよ
それが共通の原因だ
名無しさん
ペットを飼うことは、命を預かるという責任が発生する。
愛着のある家族だと思うなら、きちんとその最期まで飼い主の責任を
全うして見届けるべきだ。
可愛いうちだけ可愛がって、病気を患ったりケガや身体の衰えが生じ
た途端、扱いがぞんざいになったり、飼育放棄や薬殺処分を行う自称
愛犬家が多い。
可愛い癒されるといった愛玩動物の正の面しか取り上げないのは問題
である。こうした記事が発信されることで、少しでもペットを飼うこと
の重大さの警鐘に繋がれば良いと思う。
名無しさん
うちの近所で飼われていた大型犬は高齢化にともない認知症になり朝晩関係なく鳴いていました。
かわいく凛々しい犬で近所でも人気者たったので私もその鳴き声に心が押し潰されそうでした。近所の住民である私てさえそうだったのに飼い主さんの気持ちはいかばかりだったか………。
名無しさん
人間同様長生きが必ず良いとは言えないですね
名無しさん
人でも犬でも猫でもだけど、自分が後悔しないことが大切なんだと思う。うちのワンコは16歳で、亡くなる前日はいつものように散歩してご飯食べて、朝、お布団の中で亡くなっていた。まだ温かくて、寝ているようだった。幸せな亡くなりかただと思うけど、それでも、もっとこうしてやればよかったって思いが出てくるんだよね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ