【桂歌丸】アキラ100%を批判「裸にお盆の何が芸だ。私は認めない」に賛否両論!!

スポンサードリンク

 

落語家の桂歌丸さん(80)が最近話題のお笑い芸人アキラ100%さん(42)の裸芸に苦言を呈したことが少し前に話題になったのですが、改めてこの件について語りました。


「言っちゃ失礼ですけど、裸でお盆を持って出て何が芸なんですかね。あれを日本の文化だと思われたら困るんですよ。あんなのは酔っ払いがお座敷でやるようなもんですよ。落語家も、漫才師も、あるいは歌舞伎、お能、狂言の方も、皆さん日本語を駆使して芸を披露しています。言葉ってのは“その国の文化”なんです。

私たちは落語を通してお客様に笑っていただくわけです。ただ、ああいう方は、言葉を生かさずに、裸で踊っているだけじゃないですか。『笑われている』だけなんですよ。なんでそのことに気が付かないんだろうと思いますよ」

“お説教”されているのは、ピン芸人No.1を決める『R-1ぐらんぷり2017』で優勝したアキラ100%(42)だ。全裸に蝶ネクタイ姿で、お盆を巧みに操って、“股間”を隠す裸芸で大ブレイク中だ。ダウンタウン・松本人志、笑福亭鶴瓶、ヒロミといった大物芸人も絶賛する期待のホープでも歌丸はお構いなしに切って捨てた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170625-00000013-pseven-ent

なかなか厳しい意見ですね。さらに続きます。

「もっと憎まれ口を叩かせてもらいますとね、ああいう方をテレビに出す方が間違えてるんですよ。テレビ局がああいう方にどれぐらいのギャラを払っているかは知りませんけど、ただ安いからという理由だけで使っている気がしてならない。

起用する側にも責任はあるんです。視聴率が取れたとしても、それは一瞬のものです。だからいらなくなったらポイっと捨てられる。使い捨てのライターと同じですよ。いや、使い捨てライターの方が長持ちするわね。重要なのは『後に何を残すか』です。みんな、それを考えていないから『一発屋』だらけになっちゃうんですよ。

それにああいう方がテレビに出れば、子供も観るじゃないですか。子供に『おもしろい』と思われたら大変な間違いですよ。親も一緒になって笑っているようじゃ、しょうがない。昔の親だったら『観ちゃいけない!』って叱っていたはずです」

歌丸は芸能界のみならず一般家庭にも「節度の欠如」が及んでいると感じているのだ。その根底には落語への深い愛情がある。

「落語には色んな芸がある。与太郎噺もあれば、人情噺も怪談噺もあります。一生懸命覚えていけば、生涯、噺家として生きていける。古典はいくらでもあるし、自分で新作を生み出すこともできます。

20年ほど前、海外で落語を披露するのが流行ったことがあって、私も何度か行きました。英語で落語をする方もいましたが、私は舞台の後ろに英訳の字幕を出してもらって、全部日本語でやりました。

リズムや間合い、言い回し……日本語で話をするからこそ、きちんと日本の文化が伝わるんです。この国の文化を守ろうと思ったら、日本語をきっちりと伝えていかなきゃならないと思います」
(中略)

 取材の最後にアキラ100%へのエールを聞くと、歌丸節で締めてくれた。

「度胸は認めますよ。よくあんなことやったなと(笑い)。でも、私は認めるわけにはいかない。私は『裸になれ』と言われても絶対無理だもん。私が裸になったら、学校の理科室みたいになっちゃうよ、ウェッヘッヘ!」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170625-00000013-pseven-ent&p=2

ネット上では歌丸さんのこの意見に対して様々な声があがっています。

ちなみに、アキラ100%さんのDVDが予約受付中です。あのお盆芸のテクニックやコツを教えるコーナーもあるそうです(笑)

裸の王様 [DVD]
by カエレバ
 
 

以下、ネットの反応
名無しさん
起用する側にも…は確かに一理ある。
当たった芸だけをひたすらやらせるから、そればかりが印象に残って結果飽きられたらそれで一発屋の出来上がり。
まあそれでも若手〜中堅芸人からしたらその1発だけでも欲しい人がゴマンといるのが現状だね。
名無しさん
これはお笑いタレント批判というよりは、テレビ業界への苦言やないのかな?視聴率が取れりゃいい!という。
名無しさん
笑わせるのが仕事とは言うけど、宴会芸をテレビで流す必要は無いと言うことでしょうね。
名無しさん
裸芸で思い出したけど、安村見なくなったなぁ
名無しさん
あくまで歌丸師匠の価値観での批判ですから…。
でも、裸芸で人気が長続きするとは思えない。
名無しさん
子供の時は一発屋の人達が最高に面白かったけど、今となっては笑う事すらないなぁ。
まぁあくまでも裸の人はお笑い芸人だから笑わせてなんぼだな。
名無しさん
一発屋にすらなれない芸人の方がはるかに多いのだろう
名無しさん
歌丸さんは、彼の度胸は認めているわけで。
問題は起用する側だと。流行っているうちはいいけど、ポイ捨てされるのを危惧しているのでしょう。
繋がる、繋げていく芸では無いですから。
一発屋でも、後々営業で食い繋げる人はいますが、裸芸は需要が限定されそうです。海外での活動は、地域によっては自由な表現が制限されるかも。
彼の今後は予想でしかありませんから、色々な意味で裏切ってくれるといいですね。
名無しさん
仰ることは理解いたしますが、噺家の世界も問題がないですか?
二世の真打がやたらと増え、その人たちが親の名を襲名する。
これでは歌舞伎と同じ。
実力制で名を襲名していくような落語界を期待したいのですが。
名無しさん
おっしゃられてることはごもっともと思う部分もありますが、笑いにも色々あると思ったりもします。例えば、その笑いに芸術性はなくても、一時的にでも笑えてその日が少し幸せになるのであれば、そのような笑いの全てを排除しなくてもよいのではないのかなと思ったりもしますね。もちろん、いじめのような笑いは論外でしょうが。
名無しさん
今の芸能界ってそうだよね。
話題になったらとことん使う。
世間の注目が逸れたらすぐ捨てる。
今の芸能人は「1発」のうちにどれだけ稼げるかが重要になってしまってるとつくづく思う。
名無しさん
しっかりした芸で魅せる人がいて、
お座敷芸で笑われる人がいて、
苦言を言う先輩がいて、
擁護する人もいて、
利用する人がいて、気にもとめない人もいて、
新しい事に挑戦する人がいて、
伝統芸を守る人もいて、
子どもに見せないようにする親もいて、
親に隠れて見る子がいて、
親子で一緒に見る家庭もあって、
使うTVがあって、使われる人がいて、
捨てられる人がいて長く残る人もいて、
いろんな人がいたらええよ。
みんな、間違いじゃない。
名無しさん
笑点は祖父が好きでよく見ていましたが、「禿げてる」やら「ボケてる」やら「死にかけてる」やらお互いの老化をネタに笑いをとろうとして、内輪で盛り上がってる雰囲気があり、あまり笑えなかった。
名無しさん
笑点の演芸コーナーにも変な芸人が出ていることもあるが?
名無しさん
需要があるうちに、名前があるうちに
のちのちまで活躍できるような芸を
身に付けなさいってことだと思う。
名無しさん
言ってることはわかるけど、今の笑点メンバーにそこまでの芸の極みがあるのだろうか?
受けないことを芸にする人がいたり、親の七光りを入れたり。
それこそ起用する側にも問題があるのではないのか?
名無しさん
俺もどちらかと言えば裸芸人否定派出し
決してアキラ100%擁護しないけど
なぜならTVには確かに映ってないけど
横からとか共演者には見えてる訳だし
ただ歌丸師匠ほどの立場上の大御所になれば
落語の良さを伝えるのに
他の事を引き合いに出さずに
純粋に落語の良さだけを伝えて貰いたかったね
その方が聞いてる方にも
純粋に伝わるんじゃないかな
名無しさん
話芸だけが笑いを産むわけじゃないからね。
伝統芸能を担う者としての自負が言わせたのだと思いますが、本人が自分を何者と自負するかによって評価は変わるもの。
誰も裸芸が日本の笑い文化の真髄だなんて言ってないだろう。
名無しさん
落語は大好きですが、笑点は好きではない。なぜなら放送作家が大半のシナリオを作成しており、また笑いが多いネタは歌丸師匠本人が言うように落語家同士の「悪口」で、落語の「落ち」話ではないからで、他人の悪口で笑いを取るより裸一貫お盆1枚で「落ち」たら終わりの方が好感が持てる。
名無しさん
裸芸やってる本人のことを思っての苦言なのかもしれないけど、本人も落語と同等などとは思ってないんだから、そこまで目くじら立てなくても。
いろんな笑いがあっていいと思うけどな。
バカバカしかろうが、なんだろうが、人生どん底だけど、ふと見たテレビで一瞬でもクスッと笑えたら、どんな芸でも人のためになってる。お笑い芸人って昔はバカみたいって思ってたけど、生きてる中で特に苦しい中での笑いは必要。芸風がどうであれ、りっぱなお仕事だとおもう。
名無しさん
こんな公然と非難されては、個人は立場が無くなる。業界批判は結構ですが、名指しで引き合いに出された方はたまったものではありませんよ。
本人に直接諭すなり、御自身の影響力を考えて場を弁えて発言なさった方が良いと思いますね。最後に軽く配慮はしているものの、あんなフォローでは足りないでしょうな。
名無しさん
 歌謡歌手からオペラ歌手もおり、落語があれば漫才師もいる、浪曲師だっている。手品師もいれば紙切りの名人もいる。腹踊りの達人もいれば、裸で芸を為す人もいる。
大道芸人で秀逸の人がいれば、サーカスのピエロも子どもにとってはスターだ。
国民は落語だけが秀逸とは思っていない。みんな違ってみんないいのだ。

体が弱っているから、歌丸師匠に合いの手を入れたいが、ちと違うことにははっきりと言いたい。
すべてが、努力なしには共感をえられるわけがない。
名無しさん
笑点も台本見ずにやったらどうですかね?
見ている人にあたかもその場で考えてやってふと思わせる方が問題。
名無しさん
そりゃ落語や漫才、コントの正統派で売れれば良いですよ。アキラさんだって最初はそうだった。結果も人気も出ず、試行錯誤さしてたどり着いたネタが当たったんです。
伝統とか文化とかじゃなく、純粋にお笑いが好きで諦めなかった結果なんです。
ご本人も伝統芸能だなんて思ってないでしょう。
歌丸さんくらいの方なら広い視野でみてほしかった。
名無しさん
落語だろうが裸芸だろうが
笑いによって皆んなが笑顔になれれば
それでいいんじゃないかと思います。
フランス料理が一番で
B級グルメはダメなんですか?
フランス料理ばかりでも飽きてしまうし
時にはお茶漬けが一番美味しいと思う時もあります。
名無しさん
品の無い芸だけど、研究を重ねて努力してるんだと思う。何より度胸が凄いよ。一発屋だろうとその時面白ければ見てる側としてはどうでも良いし。それより歌丸さんのその姿じゃ色々と心配になっちゃって話が入ってこないよ。引き際は大切だと思いますよ。
名無しさん
病気を患って鼻にチューブで落語をされても体調の事ばかり気になって笑えない歌丸さんは自分がどう見られているか考えないのかな?
名無しさん
落語=高尚、その他の芸=下品
そんな風に言っているように捉えられてしまう。テレビでの芸能なんてバカバカしいから何も考えずに笑えるのであって、それが人々の娯楽として成立している。
裸芸云々は単に個人の好き嫌いなんだけど、どうも歌丸さんは落語こそが最高の芸能だと言っているように聞こえてしまう。
だったら、笑点の大喜利前のあの枠は、漫才師やコントをする人を呼ばなければいい。近年若者を意識してか全世代に受け入れられるようなラインナップなのはなぜ?
名無しさん
根本的な立ち位置が違うからね~
お笑いとゆ~より、エンターテイメントとして観ないとね。
面白いとか、笑いたいから観るんであって、落語のオチ待ちを楽しむ訳ではないと思う。
名無しさん
古典落語は確かに面白いよ
でも、今の落語家の中で、面白い新作落語を噺てる人が何人居ますか?
と言うか、自分で新作落語を作った人ってどれだけ居て、それがどのくらい評価されていますか?
たしかに笑われているだけかもしれないですが、昔の噺を暗記して、笑わす事さえ出来ない人には批判する資格は無いと思います。
名無しさん
芸ではないかもしれませんが、お笑いは一般的に笑われてなんぼ。
他に無い、アイデアを発見した者勝ちかな

子供から大人までわらわかす、志村さんなんか天才ですよね。
名無しさん
その裸芸をしている人は日本文化を背負ってるつもりは無いでしょう。歌丸さんの言いたいことも憂いもわかるんだけど、それはちょっと違うよね。うちのお墓に噺塚があるので、お参りもするけど、裸でバカやれる平和な世の中も”現在”の日本文化なんじゃないですかね。文化なんて時代でいくらでも変わるもんでしょ。
名無しさん
日本語を使う芸だけが伝統芸能なの?
パントマイムは?マジシャンは?
身体を使っての芸もあるんじゃない?
名無しさん
人のやらない事をやらなければ突出して売れない。宴会芸だろうが、他に同じような事をしてる芸人がいなくて人に面白いと思ってもらえたから一発屋だろうとテレビに出れているんだと思う。その後は本人の力次第。あのネタは体を張ってるだけで、人を傷つけてるわけじゃないからそんなに否定しなくてもいいのにと思う。
名無しさん
気に入らないものは見なきゃいい。
歌丸さんも痛々しくて見てられない。
名無しさん
お笑いにはいろいろあって良いと思う
若者よ恐れるな
表現は自由に行こう。
名無しさん
努力と度胸が垣間見えるアキラ100%の裸芸は芸だと思う。
話だけが芸じゃない。

個人的に落語は全く興味がないが、その世界が好きな人には面白いんだろう。
だが、テレビをパッと見た時に、何かしながらでも見るだけでハラハラして楽しめる、私的にはそんな世界の方が身近に親しめる。
一発屋で終わるかどうかは、本人次第だから、貴方が心配しなくて大丈夫。
ただ、若い人の努力をただ否定するだけなのは、
「面白い」咄家とは程遠い姿。
あと、裸芸は海外にもあるから。
 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ