橋田寿賀子「日本で安楽死は難しい。もうあきらめた」ネットの反応は?

スポンサードリンク

脚本家の橋田寿賀子さん(92)が安楽死について語りました。

これはかなり難しい問題ですね。

ネットでも様々な意見があります。

『おしん』『渡る世間は鬼ばかり』をはじめ、国民的なテレビドラマを手がけてきた脚本家・橋田寿賀子さん(92)は2016年、雑誌インタビューで「認知症になったり、身体が動かなくなったりしたら、安楽死したい」と発言し、大きな反響を呼びました。GLOBE1月号で安楽死を合法化しているオランダを取材した太田啓之記者(53)が、橋田さんにインタビュー。その1回目は、「日本人が求める安楽死のあり方」についてです。

記者 橋田さんの安楽死に関する発言や著書『安楽死で死なせて下さい』にあれだけの反響があったというのは、とりもなおさず、高齢になった時の「死に方」について色々と考えている日本人が多いということだと思うんです。

橋田 私には、家族も心を残した人もいませんから、寝たきりになったり、重度の認知症になったりして、人に迷惑をかけてまで生きていきたくない。ただ単純にそれだけです。

自分の死について考え始めたのは、88歳ぐらいからです。それまでは、自分が死ぬなんて思わないで、一生懸命仕事をしていました。だけど、そのぐらいの年齢になると、自分の体がしぼんできちゃうんですよ。それを見て「ああ、もうすぐ私も死ぬんだな」と実感しました。

そうなるまではせめて元気でいたいと思って、週に3回、1時間ずつトレーニングしたり、お医者様に通ったりしています。その代わり、「もういよいよだめだ」というときに、「お願いです。もう精いっぱい生きたんです。死なせてください」と言ったら「はい、いいよ」と楽に死なせてくれる仕組みがあるといいな、と。それが、私の考える「安楽死」です。

身寄りがいませんから、体が自由に動かなくなったら、世話をしていただくのにいっぱいお金がかかる。そう思うと、お金も自由に使えない。まあ、船の旅には行きますけど、「これだけ使って大丈夫かな」と、不安に思いながら使うわけですよ。保険みたいに安楽死があれば、お金が安心して使える。元気なうちに精いっぱい使えるんです。

しんどくなって、動けなくなって、楽しみもなく、人の役にも立たない、人に頼らないといけなくなった時に、第三者が本人の状態や意思を確認し、そのOKをもらえれば安楽死できる。そんな仕組みがあれば、楽しく遊べるのにな、と思って。

記者 本人の意志だけでなく、それをきちんと判定する人が必要だと?

橋田 もちろん、それはいると思います。本人の意志に関係なく、そういうことを決められたらかわいそうですもんね。

■「日本は議論ぐちゃぐちゃ」

記者 安楽死が法制化されているオランダでも、「本人の自由意思」は絶対必要条件とされています。もうひとつの重要な条件は「耐えがたい苦痛があり、安楽死以外の方法ではそれを軽減できない」ということです。安楽死が行われた後も、地方の専門委員会がその条件を満たしているかどうか審査します。

橋田 だから、自分の意思をはっきりと示すために、元気なうちに絶対に遺言は書いておかないといけないと思います。

記者 橋田さん自身、そういう遺言はもう書いているんですか?

橋田 はい。「無駄な延命はやめてください。お葬式はいりません。しのぶ会もやめてください。マスコミにはだまっててください」と書いていますから。みんなにもそう頼んでいます。

現実問題として、日本で安楽死は難しそうだから、今は専門の在宅医にお願いして、安楽死に近い尊厳死をさせていただきたいと思っています。熱海にもそういう方がいらっしゃるんです。その方に「ご飯が食べられなくなったら、すり身にして食べさせたりさせないでください。もちろん胃ろうなんてやめてください」とお願いしたい。「ご飯を食べないで、老衰で死ぬ」のが一番いいなと思っているんですけど。安楽死はもうあきらめました。

記者 安楽死はあきらめたんですか。

橋田 本当は、あきらめてはいませんけど。安楽死について発言すると、うるさく言われることが多いんですよ。「安楽死なんてとんでもない。もっとちゃんと生きる希望を持ちなさい。一生懸命生きなさい」と叱られたり、「他の人にまで死を強制することになりかねない」と言われたり。

記者 日本では尊厳死(消極的安楽死)の法制化について、障害者団体などは「治療を停止する圧力になりかねない」として反対しています。だけど、高齢者の安楽死の問題と、障害のある方々の治療の問題は、分けて考えるべきだし、それは十分可能だと私は思うんです。

橋田 日本は、議論をぐちゃぐちゃにしているんですよ。安楽死を短絡的に、「役に立たなくなった人は死ねということか」という議論に結びつけるのは違うな、と思います。

若い人たちはもちろん、どんな努力をしても生かしてあげたいし、「もっと生きなさい」と励ますべきです。

でも、これからは70歳以上、80歳以上の人たちがたくさん出てきますからね。「患者を何が何でも生かす医療」だけじゃなくて、「患者にどういう死を迎えさせてあげたいか」、と真剣に考えるお医者様が増えないと、日本は惨めになる。かわいそうな人でいっぱいになると思います。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000047-asahi-soci

 

以下、ネットの反応

名無しさん
橋田さんは体が動かなくなって誰かに世話をしてもらうようなことは迷惑がかかるからという気持ちで安楽死を希望していて、思いつきとか衝動的に言っている訳ではない。高齢者の方の長い間生きてきての気持ちにも耳を傾けてくれるようになってもいい気がする。
名無しさん
今92歳か。元気だなあ。本人の自由意思が確保されるなら認めてもいいと思うのだけど。今日本で実行しようと思ったら首つりとか練炭自殺?ってことになるよね。無理して心臓だけでも動かせるとかはっきり言って人間の尊厳を否定してると思うのだが。
名無しさん
88才まで死を意識しなかったって相当健康だったんでしょうね。羨ましい。。。
名無しさん
橋田先生の意見に私は賛同します。
安楽死って自殺だと思っている人が多い気がします。
でも痛みで顔が体が曲がって亡くなるのがいいですか?
私の母は胆嚢癌で最期痛みから顔も手足も曲がり最期の別れも出来ませんでした
ALSで亡くなったおばあさんも最期の希望は殺して欲しいでした。
病気で自分の体が動かない言葉も話せない。
本当に苦痛だったと思います。
どうしても治せない痛みで苦しんでいる余命もそれ程長くないならば静かに息をひとるって言うのも尊厳死な気がします
名無しさん
年老いて口からご飯を食べられず
下の世話も自分で出来なくなったら
楽に逝きたいですね。
名無しさん
自殺や孤独死されるよりも、周りの人たちに納得してもらって、本人も納得の上安楽死を選択する方が断然いいと思うけどな。
名無しさん
しっかりした考えがあるし、世間に影響力もある。
金もあるし、まだ、とりあえずは、お元気そうに見える。
御存命のうちに、いろいろと意見しておいてくれ。
名無しさん
健康なら良いが、無駄な延命治療は要らない
長生きが全てではない
安楽死も一つの選択肢として有りだと思う
名無しさん
70歳からは毎年更新制にしたらどうか。生きたい人はいくらでも長生きすればいいし、病気や介護で苦しむよりいいという人がほとんどではなかろうか。そうすれば高齢化社会や年金問題も解決していくと思う。
名無しさん
年取った体をわかっている人にしかわからないだろう。
名無しさん
この考え方は大賛成です。
いま私は独身で、このまま1人で生きて行くのも充分あり得るなと感じています。
ただ体が思うように動かなくなったとき、自分で自分の面倒を見られなくなるのがとても怖い。

登録制にするとか、登録してから何年以内は実行できないとか、安楽死が適用される基準を厳しめに設けて運用できるようになってほしい。
亡くなる前の10年間寝たきりだった祖母は、母にいつも早く死にたい、殺してくれと言っていました。がんばって生きてきて、人生の最後をそんな想いで過ごすなんて悲しすぎる。
元気に老衰が理想だけど最後を自分で選べてもいいんじゃないかな。
名無しさん
個人的には家族に迷惑かけるくらいなら安楽死がいいと思う
名無しさん
日本人の「他人様に迷惑は掛けられない」って精神を
自分以外の立場だと考えを変えちゃうのがねぇ。
これから老人が増えるし変な延命で借金重ねても
返済が出来ないんだから安楽死は認めて欲しいなぁ。
名無しさん
一昨日妹の旦那の祖母が亡くなりました。老衰で眠るように息を引きとったんだとか。
施設に入所していたので看取れたのは施設職員だったんですが、長男である舅は時間を聞くと日付が変わって直ぐだったと聞いて
今日母さんの99歳の誕生日なんだよ、と。
あと一年頑張れば町長から百歳祝いもらえたのにねえとつぶやいたそう。
もうちょっと生きて欲しかったという意味なんだろうなと舅の心情を思い泣きそうになったと言ってました。
施設に入所してからの祖母は戦死した夫のところへ行きたがっていたというので本人はやっといけると嬉しかったんだろうか。
自分も認知症になったり長く誰かに介護されるよりはこんなふうに静かにいきたいなあ。
名無しさん
死ぬ時くらいわがまま言ってもだめかな?
名無しさん
橋田さんの意見に僕も賛成です。
僕自身も延命治療はして欲しくないと思う。
延命して、臓器を壊すくらいなら、まだ使えるうちに使って欲しいとおもう。
死にたい訳じゃないけど、元気に生きて行けない状況下にあるなら、何かに役立って逝きたい。
厳しい審査が行われたあと、安楽死と言う逝き方を選べるのもいいと思う。
名無しさん
歳を取って「もう死にたい」と思ったら、睡眠と同じ様に意識がなくなる様に逝くのが理想です。なぜそれがダメなのか?
死ぬ迄金を使わせようという魂胆か? いや心臓が止まっても、金を巻き上げようという医療関係者の計算か?
「天国に一番近い劇場」なる所で、好きな映像と音楽で最期をエンジョイしたい。そういう時代が必ず来ると信じています。
名無しさん
国内の自殺報道の人数は3割ほどの人数という話もある・・・
長寿国家やセイフティーネットとかきれいごとだけ並べて中身のない行政・・・
安楽死も状況によっては必要だと思う・・・
名無しさん
橋田さんのおかげで色々考えさせられました。影響力のある方が、終末期の在り方に一石を投じられて、一つまた良い仕事をされたなあと感心してます。自分の人生を思った通りに全うして欲しいです。
名無しさん
高齢者の中には自分の子供に面倒を見てもらうことを期待する人がいるし中には恩着せがましいところを見せる人もいる。
橋田先生は下の世代のことをよく見てるよなぁ
名無しさん
橋田さんの意志に私も共感しています。
私自身、子供もおりません。
相続する人も、老後の面倒を看てくれる人もいません。
お金はあっても、保証人が居ないと、入院だって出来ないでしょう?
夫が先に亡くなった時は、私もおしまいにする時だと決めています。
自分の命なんですが…
何の権限も持たせて貰えないのはなぜ?
回復が見込めないのに、
苦しみ続けて、身体が脱け殻のようになるまで、頑張り続けないといけないのはなぜ?
リタイアが許されないのは、理解出来ない。
それに、その方が国の為にもなるじゃないの。
超高齢化社会だとか、医療費が、年金問題が…って騒いでるけどね…
倫理観だけ、理想を押し付けられても、
全く響きません。
名無しさん
いつまでもお元気でいらしていただきたいと思いますが人には必ず死が訪れます。
欧米には寝たきりの老人は居ないそうです、何故なら橋田先生が望まれるように不必要な延命措置を取らないからだそうです。
死の在り方については生前に本人の意思が尊重される様な仕組みづくりが必要ですね。
名無しさん
橋田寿賀子さん私も同じような事を考えてました。
40代の方は就職氷河期で食べていくのが精一杯の人々は沢山いると思います。この先、年金も破綻しているかもしれないし、貯金も老後生活できるほど貯めている人はほんの一握りの人だけだと思います。
私の意見は子供にも迷惑かけたくない、生活保護でも迷惑かけたくない。
自分の力で生活できなくなれば、私はそこで人生終わっても良いと思う。
安楽死という選択ができれば安心できるのに。
名無しさん
橋田先生の意見、すごく共感します。
高齢者の病棟で少しの間働いたことがありますが、好きな服も着ることもできず、施設のトレーナーをきて流動食を口に押し込まれ、オムツをはいて、髪型も決まったショートカット。
風呂にも週1日にしか入れない。
懸命に生きた先に何年もの間こうなるなら、批判は覚悟で言いますが、70代くらいで癌になって緩和ケア病棟で死ぬ方が幸せだなと思います。

電車で好きな所に出かけることができなくなったら、もう生きていたくないなぁ。
最近は寿命が延びすぎましたね。
名無しさん
身寄りもいなくてお金も無くて身体がどんどん弱って人間らしい生活が出来ないなら安楽死したいです。
医療とか介護施設も人員不足だし、
ギスギスしてトラブルに巻き込まれたりも嫌ですし。
子供達の将来のためにもそろそろ超高齢化社会ストップさせてください。
名無しさん
実際公言はしないけどある程度在宅でもやられて来てる?気がします。安楽死的な尊厳死。
法整備が進まな過ぎて逆に医療の現場ではそう希望する人が多くなり密かに医者の善意のもとに実施されているように思います。
そう、目の前の飯を介助なしに自分で食べられなくなったらそれは逝く時です。
そうゆう死生観を持つべき。この何十年間かの日本のいたずらに延ばしまくる終末期医療はもうおしまい。
年寄りが生きてるせいで未来を担う子供らがひもじくなる世の中だけは避けましょうよ。
どんどん天国にいきましょ。
名無しさん
本人と親族のコンセンサスが有れば認める余地はあると思う。臓器提供の意志表示と似てるかな。
でも生命保険は×50%とかの処置は議論が必要。
名無しさん
健康保健も破綻しそうな今、安楽死を真剣に考える時期だと思う。治る見込みのない病気や治療法のない難病の人など。慎重に検討すべき事だけど、少しでも認められる事で苦しまずに死ねる人が増えると思う。
名無しさん
どうしようもなくなった時は楽に逝きたい。
苦しまず人間らしい最後を迎えたいって言うのは我が儘なのかな。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

痛くない死に方 [ 長尾和宏 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/3/5時点)

名無しさん
介護業界が大反対するのだろうね。
認知症で寝たきりになったら安楽死できるようになれば、橋田の言う通り、年寄りはお金を使うようになり、介護以外の業界にもお金が流れるようになる。
一生懸命働いて貯金をし、死ぬまでそれを介護業界に吸い取られるかと思うと、何のために生きているのかわからなくなる。
名無しさん
自分の意思を表現できない。
言葉を話せない。
ご飯を食べれない。
排泄は垂れ流し。
自分が何者かわからない。
そんな状態の人がたくさんいて
20年前なら老衰として亡くなっていたはずの人が生きている。
これも平均寿命が延びている一因。
ただ、生きているだけ。
正確には生かされている。
寿命と健康寿命はどんどん乖離している。
現在の医療技術は、こんなおかしなことを可能にしてしまう。

死に時、死に方は置かれた状況によっては、自分の意思で決めたい。
胃ろうなんて、絶対にしたくない。
あれは、生かされているだけ。
名無しさん
もう20年以上前になるでしょうか?。安楽死や尊厳死が医療系の受験のトピックスになり始めたのは。その頃は東海大の医師が安楽死させたことの是非が話題になっていたと思います。若さゆえの無知で、その頃は親や自分の死など考えることもなく、安楽死や尊厳死に否定的でした。
それから20年以上が過ぎ、身近な人が癌などの病で苦しむのを何度も見て、ようやく問題を理解できるようになったと思います。今では尊厳死にや安楽死も条件次第ではあっても良いのではないかと思っています。国にも超高齢化社会でのヒトの死のありように関してもっと議論していただきたいと思います。
名無しさん
オムツ交換や食事介助という英語の介護用語はないそうです。
トイレに行けない、ご飯を自分で食べれない人を世話するのは当然のような認識でいたけど、世界共通ではなく、日本だけらしいですよ。
自然死するのは人間の当然の要望であり権利だと思う。でも蘇生し、介護なしで生きられなくなったら、それすらも選択する事は出来ないんです。
先に主張しておかないとダメです!
とっさの時、ドクターは、本人は元気な時どのように言ってましたか?ご家族はどう考えますか?と聞いてこられます。まさかの時を考えて周囲に伝えておきましょう。
名無しさん
私はこの人の言い分わかる。でも、アメリカも州ごとに認められていたりいなかったりで、まだまだ、だから。高齢者だとか、末期だとかは、生き方を自分の望むように選択できるようになったらいいなと思う。
名無しさん
安楽死、尊厳死には多事争論ある。安らかに命を絶つという事は中々自分の思う通りにいかないとは思う。
80歳を超えてもなお、生きることに執着する老人だって沢山いるだろう。いや、むしろ大半の老人はそうなのではなかろうか。
しかし橋田さんの場合、バリバリ脚本を書いたり小説を書いたりするにはもう限界を超えているとご自身で悟っているようだ。そしてお子さんもいらっしゃらない。
病は気からとはよく言ったものです。延命措置をしなくとも、もしお身体が思うように動けなくなってしまったとしたら、橋田さん本人がもういよいよだ、と弱気になった途端、だんだんとそうなっていきますよ。
名無しさん
私の祖父は、92才まで生きました。
親族である私達は「長生きしてね」が口癖でしたが、本人は晩年「自分より年の若い者がどんどん亡くなってやり切れない。生きていても辛いばかりだ。それに俺は、誰かに世話かけてまで生き続けるつもりはないぞ」と言い続けていました。
そして、祖母が亡くなってから飲まず食わずになり、後を追うように息を引き取りました。
亡くなる直前まで一切の介護を受けず、誰にも迷惑をかけず、ただ静かに旅立ちました。
残された私達は悲しみましたが、それが
祖父の望む生き方、そして死に方だったのだと思います。
長生きは良い事のようで、状況によっては当人の望まない事かもしれません。
安楽死といってしまうと、賛否両論でると思いますが、橋田さんのお気持ちは想像できる気がします。
介護問題が深刻化する中、色々と考えさせられる記事でした。
名無しさん
ごもっともです。高齢になると、最期を考えて、お金を使い切ることに躊躇していまうし、実際残さないと困ることもあるし。元気なうちに、思いっきり使って遊びたいけど、できないよね。家族がいても迷惑かけるくらいなら、安楽死せたいです。
名無しさん
自分が理解した上で自分自身でスイッチ押せるならありだとも思う。安楽死って一言で言っても、死なす人がいるわけで…それなりにどちらも決断しなきゃいけないそ、後味がいいか悪いか、その時になってみないとわからないんじゃないかな。
名無しさん
私も延命治療はして欲しくない。意識の無くなった自分をただベッドに縛り付け機械で呼吸をさせているだけの様な…。いずれにしても死というものを語る事を縁起が悪いとか言ったり捉えたりしていないで、自分がどんな人生でありたいのか、どう生きたいのか、何が一番大切なのか…
だから人生の最後はこう迎えたいと家族や周囲の人に伝えたり話し合ったりする事が大事なんだと思う。そして残される家族の立場や気持ちも汲んであげないとならないと思う。
だから独りよがりにならない様に周囲を説得できる自分でいたいと思う。
名無しさん
この人の長台詞も、脚本自体も好きではないが、安楽死についての見解には大いに賛同する。健康長寿こそ本来の幸福な晩年であり、「生かされる」寿命には納得できない。意識なく、家族と会話もできない「心臓だけが動いている」自分の命は無意味。
名無しさん
この前NHKだかで体が徐々に動かなくなる病気の人のドキュメンタリー番組やってて、その人は今はもう目しか動かないんだけど、目線で文字を追ってちゃんとハッキリ言葉を紡いで意思疎通できてて。ちゃんと意思があって。
けどまぶたが動かなくなるのは時間の問題だそうで、そしたら意識や意思をハッキリもったまま何の意思疎通もできず暗闇に寝たきりになるかもしれないそうで…その人が意思疎通できなくなる前に早く安楽死を認めてほしいようなこと言ってた。
老後どころかその人30代くらいだったけど、考えただけで気が狂いそうだと思ったし息苦しくなった。
本当に認めてあげてほしい。
名無しさん
橋田寿賀子さん、人間、今だよ。
今、あんたは、すでに生きていてもあまり楽しくないだろう。
いくらお金使っても、92歳のカラダ抱えていてわな。
だから、薬でもって、楽に眠るように死ぬことを希望するのだろう。
みんな同じこと考えている。
橋田寿賀子さんも、もうすぐ、オムツをかえてもらって、風呂に入れてもらい、尿漏れはしょっちゅう、いずれ、そうなってしまう。
いや、軽い尿モレは、100%今もうすでにあるだろう。
人になかなか言えないからね。
まあ、あんたの気持ちもよくわかる。
みんなそうだよ。
名無しさん
私も賛成。でもこういう問題は日にちが必要。今は難しいがもっと時が立てば、日本も変わるような気がする。
名無しさん
もうわからなくなったらとか、寝たきりになったら安楽死したいって言うのはわかるんですけど、それってかなりアバウトだってことを大半の人が気が付いてないように思う。
橋田さんもそうですけど、まず安楽死になるべき状況って言うのを誰が判断しますか?ってことが1つと、仮にマトモに判断できてた時は~になったら安楽死って状況になったとして、その時に、~って状況になったからあなたは安楽死安にしますねって伝えた時、死にたくないって言った場合とうするの?ってことが1つ。
子供に迷惑を掛けたくないとかそう言う理由で老人施設に入所を希望してる方って結構多いけど、いざそうなったら多くの人が在宅を希望してかなり抵抗するし。
施設入所でさえそんな感じなのに命のやり取りを昔の感情とか考えで決定するなんて現実的ではない。
少なくとも認知症はなくて身体だけが動かなくなった場合のみ安楽死くらいかと。
名無しさん
延命措置をするかしないかの選択肢を残された家族に委ねられた場合は、本人の意思を尊重したいと思います。
本人の意識があるうちに誓約書を家族同席の上、作成しておくのも良いと思います。
命ある限り、延命してでも長生きはして欲しいってのは、家族の誰でも思う事だけど、またこれ以上苦しむ姿も見たくない、というジレンマにも苦しむ事になります。
もしそこにご本人の意思を尊重し、安楽死の選択があるならば、これ以上苦しんで助かる見込みがないならば、安楽死させて欲しいと願う方も大勢いると思います。
もちろん自然死を尊重するならば、苦しんでいても生が尽きるまで見届ける、というのも家族の務めだと思います。
ただ、そこにもう一つの選択肢があってもいいのでは?と思います。
あくまで、本人の意思があってのことですが。
薬物を使って眠るように楽に死ねるならば、本人も満足ではないでしょうか。
名無しさん
看護師をしていますが、橋田さんのご意見には大いに賛成ですし私もそうして欲しいと思います。
しかしいざ仕事になるととにかく患者様を死なせてはいけないと強く思いどの様にしたら少しでも長生きして頂けるか常に考えて行動しています。少しでも栄養をとペースト食にしたり、痰が絡むからと吸引したり。自分だったら嫌だなと思いつつやはり殺してはいけないと思うしそれが私達の仕事なので。矛盾しているなぁと思います。自殺の手助けになるという問題もあるのでしょうが、安楽死が認められれば自殺も減ると思うし、安楽死が認められる世の中になるといいなと個人的には思います。
名無しさん
尊厳と自己決定
リベラル派が好きそうな言葉だが
人として尊厳を保ったまま終焉の時を迎えるという
自己決定を否定するのもまたリベラル派が多いように感じるのも
不思議なもので
でも一番の阻害要因は家族親族かな
その命が本人のためにあるのではなく取り巻く人々のためにあるように感じるんだな
名無しさん
誰にも分からないから
未だ蝋燭は残っているのか、もう終わりなのか
ピンピンコロリがいいのは、誰でも同じ
神様しか分からない
今日、精一杯生きたらそれでよし
明日は明日自身が悩む
昨日は夢
明日は幻
今日が人生
名無しさん
橋田さんのおっしゃる通りです。私も自力でトイレ出来ない食べれないなら生きていたくありません。
高齢者に限り、安楽死があっていいと思います。そしたら、お金の使い方も変わり。経済も回っていく場合だってあるでしょう。基本元気なら安楽死はしなくていいんですよ。冷静に考えてください。介護受けてまで生きたいですか?介護者の質を落とさない為にも物凄く必要な事だと思います。介護で揉めてる家族をたくさん見て思った事です。お金がある政治家にはわからないでしょうが
名無しさん
橋田さんくらいの資産ががある人ならいくらでも生き長らえてほしいと思うお金儲けの材料とそれ以上は書かない。
苦しみ周りに迷惑かけるのならいっそ楽にしてほしいと私も思う。医療の進歩は著しいが、どう人生の最後を迎えるかとの議論はまだまだだしタブー視されてる。
そこを生きてるうちから自分の終えかたを家族に表現できて、医療の側も法律を扱う側も難しいからと言って放置してはならない問題なのでは。
名無しさん
延命を望まないって事ですよね。
近くには泉ピン子さんと医者の旦那さんが住んでるので、健康問題は無い。
名無しさん
迷惑をかえりみず自分を看取ってくれる人を探すって発想にはならないのかな?
名無しさん
安楽死はあっていいと思う
知り合いで闘病生活してる子がいたけど治らないのわかってて薬投与で延命してたんだけど本当に痛いらしくてずっと楽になりたいって言ってた
悪い事してないのになんでこんなに苦しまなきゃって見ててすごく辛かったからそういった人達の為にも1つの選択肢としてあってあげてほしい
名無しさん
92まで生きてると色々あったんだろうな。たしかに延命治療は望まないっていう考えは、あってもいいと思う。けど、安楽死は違うと思う。
若いうちに生きたくても亡くなる人もたくさんいる中で92歳まで生きていられることに感謝して命の期限まで全うすべきだと思う。辛いこともあるかもしれないけど、体が動かなくなりましたハイ安楽死させてくださいっていうのは違う気がする。
名無しさん
看取り医がもっと増えるといいね。
とりあえず、安楽死が法整備されていない日本でも出来る限りの尊厳死ができるように。
安楽死はやっぱり医師の負担が大きいと思う。
安楽死をさせてあげたい、看取りたいという医師がいないと難しい。
こんなにみんなが願う安楽死、実現してくれてもいいんじゃないかと思う。
名無しさん
さすが作家。
言ってることに説得力があるし、
論理にほころびがない。
名無しさん
高齢化社会になった今、延命措置を施すのは、時と場合によると思います。
事情を汲んで、判断をすべきだと思います。
名無しさん
安楽死を強要する事案が絶対出る。
名無しさん
88歳まで死を考えなかったって凄いと思います
私はとっくに考えていました

もちろん今も
別に死にたい訳ではありません
動けない、話せない、食べられない
そして何よりも耐え難い痛みにさいなわれるような毎日になったなら
どうか死なせて欲しい…
それだけです
名無しさん
安楽死はいいと思うけどね。
親族ならまだいいが、赤の他人に迷惑かけながら
数年間、おそらく暴力や暴言を放って生きるよりも、安らかに死を迎えたいと思うけどね。
苦痛を乗り越えた先は死ぬ以外にないんだからね。
生きるのが苦痛で長生きできるのに死を選ぶのとは、別に考えた方が良い。
 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ