『中二病』の症状と治療法とは?精神科医が解説

スポンサードリンク

 

中二病(厨二病)とは、ウィキペディアによると

中二病(ちゅうにびょう)とは、「(日本の教育制度における)中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動」を自虐する語。転じて、思春期にありがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などを揶揄したネットスラング。「病」という表現を含むが、実際に治療の必要とされる医学的な意味での病気、または精神疾患とは無関係である。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E4%BA%8C%E7%97%85

ということですが、TBSラジオ「伊集院光 深夜の馬鹿力」で生まれた造語のことです。これがネット上で広がり使われるようになりました。本当の病気のことではありませんのでご注意ください。

ニコニコ大百科によると、

中二病(ちゅうにびょう)は、中学2年生(14歳前後)で発症することが多い思春期特有の思想・行動・価値観が過剰に発現した病態である。
多くは年齢を重ねることで自然治癒するが、稀に慢性化・重篤化し、社会生活を営む上で障害となることがある。特異的な身体症状や臨床所見は見出されていない。

引用元:http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%AD%E4%BA%8C%E7%97%85

中二病の症状には以下のようなものがあります。

・急に親に冷たい振りをする(母親をおふくろやおかん呼び・プライバシーを尊重してくれなど)
・愛想が無くなり孤独を好むようになる(いわゆる“孤高”)
・突然ブラックコーヒーを飲みだす
・急にロックや洋楽を聴き始める
・ロングコートやマントに憧れ銃やナイフを携帯したくなる
・学校が武装集団に占領されて自分1人で戦う事を妄想する
・やれば何でもできるかのような万能感を感じるが、実際に行動に移すことは少ない
・メディアやインターネットで仕入れた知識を自分の考えであるかのように語る(『アメリカって汚いよな』など)
・上記に付随し、見た・聞いた知識を経験として語る。売上で優劣を付け人気作品を人気が出る前から知っていたなど
・様々なものを批判しはじめる一方、ある種カルト的なものを崇拝する
上記以外にも様々な症状が確認されているが、共通するのは自分を良く見せようとする自己顕示欲、あるいは自己陶酔、少年期による心の悩みなどである。

引用元:http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%AD%E4%BA%8C%E7%97%85

中二病の症状に関する情報は多数報告されていますが、治療法に関しての情報はほとんどありません。研究論文存在しないようです。

そこで、ある記者が精神科医のゆうきゆう先生に中二病について聞きました。

――中二病に関する論文を探してみたのですが、まったく出てきませんでした。研究は行われていないのですか?

 はい、精神医学的に「中二病」という病名が存在するわけではありません。知っている限り、学術的な研究もないはずです。

――中二病は病気じゃないんですか?

 精神医学的な病気は、「日常生活に困難を抱いているかどうか」がポイントになります。「中二病のせいで周囲から浮いて、勉強や学校活動などにおいて困難が生じている」という状況であれば問題ですが、そのような状況はほぼないため、病気にはなりえないのではないでしょうか。自分が中2のときは周囲も中2ですから、そこまで浮くことはないかと。

 大人になって思い出したときに「あああっ!」と頭を抱えてしまう点は悩ましいですが、それで社会生活が送れなくなることはないので、問題ないと思います。

――中二病が起こるメカニズムは、どのようなものなんですか?

 現実逃避というか「自分はこうあるべき」という願望から起こっている可能性が考えられます。

――中二病に類似した心の病気や症状はないんですか?

 強いて言えば、現実ではないものを現実だと思い込んでしまう「妄想」に似ていると考えます。

 中二病になると「自分は魔王だ」「自分は勇者であり、世界を救わなければならない」といった考えを抱き、それに行動が左右されることがあります。もちろん、最初はフィクションのつもりが、いつの間にか信じてしまうこともありえますね。

●中二病患者は、ある種の「能力者」なのかも……?

 先生によれば、日常生活が困難になるとまでは考えられないことから、精神医学的には病気として扱われないそうです。「中二病を苦にしている患者さんは来ますか?」と聞いたところ、「皆無です」とのことだったので、あまり深刻な事態にならないのが一般的なのかもしれません。

 ですが、治せるものなら治したいという人もいると思い、さらに質問。その結果、中二病の意外な側面を知ることができました。

――中二病の治療方法はありますか?

 現実を知ることでしょうか。そのためには日記を書くことを勧めます。

 ただ夢想世界には悪い面ばかりではなく、前向きなエネルギーにつながることもあります。現実に問題がないのなら、ぜひそのままで。

――中二病には良いところもあるんですか?

 例えば「自分は勇者である」とプラスの思考が生じて、「だからもっと勉強しないと」など前向きに行動できるなら、良いことですよね。

 私の話になるんですが、学生のとき「自分は、魔界に住む魔物たちと戦うヒーローだ」と考えていました。そして、「魔物とのトーナメント表」を作って「勉強をこれだけやったら、この敵に勝つ」と勉強の原動力にしていました。何度も勝利して優勝すると、参考書が一冊終わっているわけです。

 飽きてきたら「天使界トーナメント」「悪魔界トーナメント」とバリエーションをつけ、その積み重ねでなんとか大学に合格できました。まあ、周囲に「こんなことやってるよ!」「俺はヒーローだ!」と吹聴することはありませんでしたが、今になって考えるとけっこうアレだったかと思います。

 とはいえ、それを利用して合格はできたわけで、結果オーライではないでしょうか。みなさまも中二病を「いい方向」に向けていただければ幸いです。

 中二病の力で、大学に受かる……だと……(ちなみに、先生は東大医学部出身です)。

 ネガティブなイメージを持たれがちな中二病。本当は、現実離れした空想からパワーが生み出せる「人間に秘められた不思議な能力」だったのかもしれません。ただし、アニメや漫画に登場する魔法のように良くも悪くも使えてしまうので、「能力者」の皆さんはコントロールにご注意を。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000004-it_nlab-life&pos=3

 

以下、ネットの反応

名無しさん
2017/04/28 10:30
伊集院光はこの言葉で商標登録しておくべきだったかも。
名無しさん
2017/04/28 09:52
寒気のするポエムを書いていた気がします
名無しさん
2017/04/28 08:21
大人になって思い出して頭を抱えるっていうのは、とりあえずは治ったというか、症状が治まったってことだから。
時間が解決するものとして放っておくしかない。

年期の入って病院に行く必要が出るならその時は別な病名になるだろうし。
名無しさん
2017/04/28 08:58
「はしか」みたいなものでしょ。
大なり小なり耐性をつけておかないと、
大人になってからこじらせて「大事件」をおこす可能性がある。
名無しさん
2017/04/28 09:51
先生の発想が凄い。勉強に生かそうと考えるあたり、流石医者になる人は違うな。
名無しさん
2017/04/28 10:19
敵がいきなり殴りかかってきた時の対応をずっとシミュレーションしてたなぁ、、、
結果、俺は最強だった、、頭の中では
名無しさん
2017/04/28 11:51
ほとんどの人は思い出したくも無い封印された記憶でしょう。
私もそうです。
名無しさん
2017/04/28 08:45
我、時々、中二病。
名無しさん
2017/04/28 09:53
イラストやさん、こんなのまであるんだ…
名無しさん
2017/04/28 12:39
自分が中二のときは周囲も中二だから平気というストレートな回答やるやん…
名無しさん
2017/04/28 10:17
たまにドラゴンボールの孫悟空のマネするよ、瞬間移動のポーズとか(笑)
名無しさん
2017/04/28 10:00
そしてその日記が後に黒歴史ノートとなり我を苛むのだ…
名無しさん
2017/04/28 10:31
日記に残すことで、「中二病だった過去の自分」と「それを黒歴史と認識できる(=中二病ではなくなった?)自分」の対比が明確になるってことじゃないでしょうか。
黒歴史だなぁと思いつつも日記を楽しめてしまうと、まだ後遺症が残ってる…という気になりますが。
名無しさん
2017/04/28 17:50
しかしてかつての可能性に満ちた若き少年少女達に、
未来のやさぐれた中年の自分からとやかく言われる筋合いはないんだろうけどな。
みなさんは、かつての自分の若さを馬鹿に出来るほど、
かつてに自分に誇れるほどの場所に立っていますか?
名無しさん
2017/04/29 10:43
でも犯罪起こしたときにそのノートがマスコミで公開されて、子供の頃から危険思想の持ち主だったとかさんざん批判されそう
名無しさん
2017/04/28 10:16
中学生のとき、毎日日誌を書いて先生に提出する学校だったもんだから、中二病が先生に駄々漏れだったわけだけども、熱心に毎日お返事書いてくれてたなぁ。先生元気かな。
日誌は破り捨てました。
名無しさん
2017/04/28 22:41
オチが秀逸
名無しさん
2017/04/28 12:03
僕は恥ずかしながら、秘密結社の一員のつもりで、学校にもこっそり、トランシーバーを持参していました。
ある日周波数が一致してしまったのか、トランシーバーから本当に会話が聞こえてしまい、恐くなって現実に戻りました(笑)
痛い思い出です。
名無しさん
2017/04/28 08:53
ごめん、中二病って大人なのに中二感溢れちゃう感じを言うのかと思ってたら中二の時にみんなかかるんだね…
うーん、長患いだな自分…笑
名無しさん
2017/04/28 10:01
いや、自覚ある方はたぶん違いますよ(^.^)
自覚ない方が拗らせてます(^◇^;)
気をつけようっと。
名無しさん
2017/04/28 10:39
夏と冬の二回ビックサイトに集まる方々ですね
名無しさん
2017/04/28 10:44
自覚症状あれば大丈夫!?
じゃあ大丈夫かな…笑
ビッグサイト、自分は夏と冬じゃなくて春と秋に行ってます!
夏は暑いし冬は寒いからね!!
名無しさん
2017/04/28 17:55
>夏と冬の二回ビックサイトに集まる方々ですね
若さゆえに現実のままダークサイドに堕ちかけてる少年少女達と
現実を堅実に営みつつダークサイドをフィクションとして嗜んでいる紳士淑女達は
また違うでしょう。
名無しさん
2017/04/28 09:47
殺人事件の記事のコメントに「どうでもいい」とか書き込む
そういうのがかっこいいと思っちゃう時期あるよね
実際は精神が老化してるだけ
名無しさん
2017/04/29 10:48
まぁ、たとえ国内で起きてもニュースを見る大半の人にとっては自分とは関係ない世界での出来事だからね。
女子中学生誘拐してたカバなんて、すぐ近くで起きた小学校乱入殺害事件で、中学からはその系列の付属中学になり被害者らと同級生になったのに、加害者に憧れてたみたいだしね
名無しさん
2017/04/28 10:54
ふっ…この記事は何を言っているのだ?
名無しさん
2017/04/28 12:56
こんな記事で騒げるなんて、この国は本当に平和だな。(ビルの屋上で満月を眺めながら)
さて、そんな平和を守るために、今夜も頑張りますか……。(大きくジャンプして月夜に消える)
名無しさん
2017/04/28 13:38
うまい。
名無しさん
2017/04/28 17:52
この記事の言いたい事は分からないけど、
この記事を読んでかつての自分にケチつけられるほど
今の自分が立派な大人になっているかな?という疑問はわいた。
内面はあんま変わらないガノタなんで
そもそもケチつけるまでも無かった事に気付いた。
名無しさん
2017/04/28 11:24
記事に対して、「こんなのがニュースなの?」みたいな批判ばっか書いてる奴はきっと中二病だな。
名無しさん
2017/04/28 10:59
海外だとこんな研究にも予算つきそうやよな(笑)
名無しさん
2017/04/28 14:30
アラサー、アラフォーで、爆発すると痛い…
名無しさん
2017/04/28 09:54
15歳…中三勇者になるのを諦める
30歳…魔法使いになる
とか
名無しさん
2017/04/28 13:30
各年代の中二病の特徴を、時代の変遷と共に調べてみたら社会学的に面白いかもね。
名無しさん
2017/04/28 09:55
あー、中二病でも恋がしたい
名無しさん
2017/04/28 13:37
中二病のカップルがいたら面白そうだね。
名無しさん
2017/04/28 21:58
恋してる時って中二病っぽいけどね
俺、今いいこと言った
名無しさん
2017/04/28 11:11
対処として日記書けとか凄い黒歴史ノートになりそう…
名無しさん
2017/04/28 13:11
ネットで全世界配信するより、日記の方がマシだよ。
黒歴史ノートは発見次第抹殺してなかったことにできるけど、
ネットのつぶやきは消せないし、それを見た人の記憶も消せない。
自分しか見ない日記に留めておくのが、一番傷が浅くてよさそう。
名無しさん
2017/04/28 14:08
ブラインドタッチ超かっこえ~と思って、練習のため書院(ワープロ専用機)で日記かいてた。
しかし、メディアがフロッピー(しかもDD)だったので、書院のお陀仏と同時に読み出しできなくなり、あえなく廃棄。
今となってはよかったかもしれない。
名無しさん
2017/04/28 13:06
中2に限らず、若いうちは無鉄砲だよなあ。
私も、「自分は特別な人間なんだ」と思って、いつも自信に満ち溢れていて、20代で無謀な転職活動を行ったりもした。
しかもそれが成功しちゃうなど、「勢い」と「運」だけで行ける世界も確かにある。

今は40代ですが、新しいことは、何をするにもまず不安が先に立つ。
自分への自信、可能性なんて、昔のようには感じられない。
だから、若いうちは、中2病くらいでいいんじゃないか?
名無しさん
2017/04/28 10:03
誰でもある
名無しさん
2017/04/28 15:11
万能感、全能感…
怪しい宗教家は大人になっても中二病ちゅうことか。
名無しさん
2017/04/28 11:19
俺も中二くらいから洋楽聴くようになった
名無しさん
2017/04/28 10:32
周りに迷惑かけてなきゃ別にいいと思う
名無しさん
2017/04/28 10:48
自分だけは特別で、本当にかめはめ波が出来るはずと信じて練習してた。
名無しさん
2017/04/28 09:28
自分も妄想にふける時期があったが、
現実ばかり直視してゲンナリしてる今よりもずっと輝いていたと思う。
多少周りからみて痛々しいぐらいが人生幸せなのかもしれない。
名無しさん
2017/04/28 09:53
自分の場合は、カミソリと六法全書を常に持ち歩く症状でした。
六法全書はともかく、カミソリが最強の武器だと思っていたなんて…
名無しさん
2017/04/28 12:16
私はわかりもしないのに日経新聞の株価欄をながめていました。そして自作の胸当て(心臓をガードするみたいなやつ)をつけてなぜかベルトではなくサスペンダーで学校行ってました。まじ死にたい…。
名無しさん
2017/04/28 14:30
あぁ、、、、自分も買いました。
分かりもしないのに六法全書とか、日経新聞に、英字新聞、極め付けには弾けもしないのに超難しいピアノの楽譜とか。
学ランだったので、ネクタイに憧れて、ハンカチで作ってテープで貼り付けたり、、、
まじ死にたい。。。
名無しさん
2017/04/28 15:24
(笑)
名無しさん
2017/04/28 16:40
六法全書高くない!?そして重い!
名無しさん
2017/04/28 12:54
そう言えば、いつの日か超能力に目覚め世界中の人を救済する…と言う、今考えたら危険な宗教家みたいな妄想をしていたな…
危ない危ない…
名無しさん
2017/04/28 10:29
ジャンルによっては漫画家や小説家ってある種、中二病の要素がなきゃ出来ないと思ってた。
名無しさん
2017/04/28 11:54
主人公がチートだったり、ハーレムだったりすると「あっ…」って思う
名無しさん
2017/04/28 13:14
人によっては日記でさらに悪化することもありそう(笑
名無しさん
2017/04/28 14:07
この記者、おもしろい(笑)
ウケた
名無しさん
2017/04/28 22:45
間違っているのは世界の方だ。
名無しさん
2017/04/28 16:32
わが名は神に愛されしアスモデウス
またの名をオルタナティブ
ガイアの試練にさらされし、悩める中二病患者よ
我に心を開くがよい!
名無しさん
2017/04/28 20:04
人様の思い出話なら「かわいい&楽しいねー」
って笑えるのに自分のことになると…
当時の自分を虐待死させたい衝動にかられる
名無しさん
2017/04/28 15:30
漫画家や小説家なんて、永遠の中二病だと思うけど。
そうでなければあれほど妄想が膨らまない。
名無しさん
2017/04/28 22:23
箸が転がるだけで可笑しい女子共の対極って感じ。中二病。
名無しさん
2017/04/29 13:26
ぜひ研究を進めて、K国へ。
名無しさん
2017/04/28 10:34
我、名はメグミン
誰ですか頭のおかしい娘って
名無しさん
2017/04/28 10:59
仕事先の人が会話に『バイブス』と入れてくる。勘弁してほしいわ。
名無しさん
2017/04/28 18:17
中二病は、小林信彦の提唱した「森繁病」と変わらない気がする。
名無しさん
2017/04/28 13:22
そういえば現実逃避したくなって、漫画の世界にもし、自分が入ってしまったら~って想像をいつもしてたっけな
名無しさん
2017/04/28 14:12
ヨシキとかガクトとかハイドは中二病末期じゃん。
名無しさん
2017/04/28 11:51
自家用車で加速する時にブーストオンって叫んでます。
名無しさん
2017/04/28 20:26
オレ様、天下、無敵、孤独、王者、魔王などなどがキーワード。
名無しさん
2017/04/28 14:56
アラフォーでも中二病がいて参ってる。
名無しさん
2017/04/28 20:10
全部難解な漢字だけで文章書いたり
意味不明に所々英語で喋ってみたり?
名無しさん
2017/04/28 16:53
高校になってから「俺は首相になってやる」と叫んでたわ・・・20代くらいまではこじらせてたかも(笑)
名無しさん
2017/04/29 10:28
中三になっても症状が続いてたら厨二病。
日記って、黒歴史という重い後遺症が残るじゃないか。
名無しさん
2017/04/28 13:37
好きだった漫画のキャラが天才の双子の弟がいるのに挫けず努力の人で
こんなに〇〇さんも頑張ってるんだから、
頑張る!!と、モチベーションが凄まじかった…机の上には常に過去問とそのキャラが出てる巻の漫画。おかげで受かったけど、
冷静に考えれば2次元のキャラにここまで入れあげる私って…
いい思い出です。
名無しさん
2017/04/28 10:48
中学生の時は大人しかった為、高校の時にこじらせ気味でした(笑)
名無しさん
2017/04/28 11:45
「精神科医のゆうきゆう先生に話を伺ってみました。」
この時点で、うぉい!と思って読んだが、彼が東大卒だと知って、もっとびっくりした。…いや東大卒と思い込んでいる中二病かもしれないけど。
名無しさん
2017/04/28 14:37
いや、さすがに「職業:医者」の人が
学歴詐称したら、マズイでしょ(^_^;)
名無しさん
2017/04/28 17:57
だって、ゆうきゆう先生だよ?w
名無しさん
2017/04/29 10:07
中2の頃なにしてたっけ? ちょっと夜遊びしてただけやな。
名無しさん
2017/04/28 15:37
神に匹敵する、俺様の力をもってすれば・・・・ww
名無しさん
2017/04/29 12:07
中二病はきっと多くの人が経験する。ちなみに俺は30代になった今でも、知り合いの前でチンピラを退治したり弾けもしないピアノなどの演奏を流麗にかますという妄想をしたりする。
名無しさん
2017/04/28 21:18
自分はフライングして小6くらいから発症した気がする
中3の頃には脱していた模様
名無しさん
2017/04/28 18:45
中二病こじらせたから治る気しない…(ー̀ωー́)
名無しさん
2017/04/28 18:09
昭和40年(1965年)生まれは、今でも中二病。
名無しさん
2017/04/28 11:29
「中二病」って病気が実際にあるとか思ってるあたりが
中二病的というかな・・w
名無しさん
2017/04/28 13:16
自分は選ばれた人間で特別な存在なんだとおもいこんでいた。
好きでもないのに、コーヒー飲んでたな・・・
名無しさん
2017/04/29 18:50
まさに中2の頃描いていたラブコメ漫画のノートを処分した記憶が無いのにどこにも無い恐怖。((((;゚д゚))))
名無しさん
2017/04/28 11:26
中二の頃の記憶が無いのも中二病?
名無しさん
2017/04/28 13:56
∑(゚Д゚;)重症中二病は、思い出すことを体が拒絶するらしいですが。
名無しさん
2017/04/28 13:32
拗らせたまま大人になっても、普通は童心を忘れず
知識も良識もある人になったりするけど。ただ、そうならず
さらに面倒いのになったのが意識高い系なのでは…?と思う
名無しさん
2017/04/28 21:19
アラフォーになった今は、現実味を実感しながら、且つ夢と希望に挫折しながら現在進行中の中二病です。
僕の周りにはこんなメンズばっかりですよ。
名無しさん
2017/04/28 14:59
中学の時探偵団やっていたなぁ…
という俺は今中年病のおっさんorz
名無しさん
2017/04/29 20:16
たぶん、あなたが中学生の時に患っていた病気は、小3病だと思います。
名無しさん
2017/04/28 10:26
高1の時、いわゆるビジュアル系バンドが流行っててディルアンドグレイと漫画の特攻の拓のマー坊(笑いながら怒るVer.)にはまってるやつがそれを真似ててめんどくさかった。結果的に高3の頃にはまぁまぁ浮いてました。
名無しさん
2017/04/28 17:49
ディルアングレイ懐かしい!
私は高校生の時MALICEMIZER大好きでした。友達はラクリマクリスティーとか。
メンバーの顔を描きまくり、美術部で絵がうまい友達に美しい絵を貰ったりして楽しかったな~♪
二児の母になった今、ママ友には言えない過去 笑
名無しさん
2017/04/28 18:24
小学生のころRaphaelを聞いてこの世界を知り、続けてSHAZNAのデビューでIZAMくんを見て女形に惹かれ、中二でKagrra,にハマりバンギャだと自覚……
以来15年くらいあがれず、30代に突入……子どもはいないですけど、教師やってます
最近は開き直り、同僚にはババンギャなことを最初からカムアウトし、「今日ライブだから定時で帰ります」って言っては快く送り出してもらってます
楽しくて止められないのです……
でも今の大本命が解散したらさすがに上がると思います(笑)
名無しさん
2017/04/28 19:01
Gacktさんは今のソロよりMALICEMIZERの頃の方が良かったな。
Raphaelの「Hollymission」って曲はモロ中二だよね(笑)
それがいいんだけどね(笑)
名無しさん
2017/04/28 19:34
高校の同級生が世界は俺を中心に回っていると真剣な顔で発言したのを思い出した。
名無しさん
2017/04/28 21:16
治療法=現実を知ること。確かに。
名無しさん
2017/04/28 14:57
若い頃付き合ってたオンナどもみんなこの病気だったのか。(笑)
名無しさん
2017/04/28 10:25
やっかいなのは、メンヘラがかっこいいと思ってる若い子ね。
向精神薬を使うのを他人に自慢したりする。
名無しさん
2017/04/28 11:53
大人になっても社会の現実の中でそういった気持ちを持つ事は悪い事ではないと思う。でなきゃ人生つまらんだろうし。
名無しさん
2017/04/28 10:56
度が過ぎれば何でも病気化するのってどうよ!
名無しさん
2017/04/28 18:21
子供の頃、マジでスーパーサイヤ人になれるんじゃないかとおもい、そしてなれた気分の時がありました(´-ω-`)
いま思い返せば、やっぱり戦闘力5でした(´-ω-`)
だけど、隣に住んでいたお兄さんが自宅の屋根から、舞空術をやって全身打撲をしたあの事件を思い出すと、同じことをやろうとしなかった私は、きっと、まだマシなほうだったのだろう(´-ω-`)
名無しさん
2017/04/28 09:06
いや、なんやこの記事w
名無しさん
2017/04/28 20:12
あだ名が魔王だった過去を封印したい
 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ