【性同一性障害】性転換手術が来年度から健康保険適用に ネットでは批判の声

スポンサードリンク

 

厚生労働省が性同一性障害(GID)の治療法のひとつである「性別適合手術」を来年度から保険適用にする方針を固めました。

このニュースに対し、ネット上では批判の声が多く上がっています。

「当事者の人にとってはいいと思うが、それよりも生死にかかわる病気の治療や不妊治療などもっと優先すべきものがあるのではないか」という意見が多いようです。

昨年12月に日本精神神経学会など関連4学会が性同一性障害治療の健康保険適用を求める要望書を厚労省に提出していおり、これが採用されたのではないかと思われます。

厚生労働省は、体と心の性が一致しない性同一性障害の人が体を心の性に合わせる「性別適合手術」を、来年度から公的医療保険の対象に含める方針を固めた。29日に開かれた中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に提案し、大筋で了承された。

この手術はいま、公的保険の対象外のため多額の費用がかかる。それが保険適用されれば、原則3~1割の自己負担額で済むようになる。高額療養費制度によって、自己負担額に上限も設けられる。

性同一性障害の人は精神保健福祉法上、精神障害と位置付けられている。性別変更を認める2004年施行の特例法は「20歳以上」「婚姻していない」などに加え、子宮や精巣などを摘出する性別適合手術を受けることを変更の要件としている。

厚労省は性別適合手術を受けるための医療環境が整ったことや、性的少数者が社会的に認知されてきたことを踏まえて、保険適用の可否について議論が必要と判断していた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000074-asahi-soci

 

以下、ネットの反応

名無しさん
えっ、もう厚生省の中では決まったの?
これには反対
ただでさえお年寄りにお金がかかっているのに
どうしてもお金を使うなら、こんなことより、不妊治療のためにお金を使うべき
名無しさん
僕はG当事者だけどこれは同意しかねる。副作用が強すぎるのと、思春期の多感な時期にやっていまい、後々後悔してもらいたくない。元には戻れないからね。
名無しさん
LGBT、どこまで認めるかが難しいと思う
名無しさん
まずは、命に係わり高額な医療費を負担する病気に保険適用するべき。優先順位を間違っていると思う。
名無しさん
高齢化だと言われて、ただでさえ医療費が削減できてないなかで、稼がなければならない世代は減っている。なんで育てることにお金を使ってあげられないんだろうか。
不妊治療、出産費用、育児に充てるのであれば大賛成。優先順位が間違ってるし、しっかりとLGBTの人たちと話し合った結果なのでしょうか。
名無しさん
使い道が間違ってると思う。
名無しさん
うーん。。当事者の方は辛いんだろうけど…
老老介護や介護離職でどうにもならなくなって自殺したり、産後うつのフォローや不妊治療、そもそも若いうちに子どもが持てるように保育施設の充実やら働き方改革のための企業施策支援のための助成金やら、ほかにやらなきゃいけない、出さなきゃいけないところたくさんあると思うんだけどなぁ…。。。
名無しさん
それはそれで大切だけど、別の話ですね。言ったらキリない
名無しさん
性同一性障害者の割合からして、これを認めても認めなくても医療費が大幅増減する話じゃないと思うので、その人たちが幸せになるならいいんじゃないの。上の人がおっしゃってるみたいに別の話だと思う。
名無しさん
全く同感です。
まず命に関わる、病気とかが先では?
名無しさん
今は簡単に性同一障害と診断してしまうので、反対。
ほとんどの人が性同一障害ではなく性癖です。
はっきりいって
性同一障害と診断されているからって
おっさんが女の服着ているだけって人多すぎです。
もっと厳しい判定基準ならば賛成しますけど、
でも、個人の趣味の問題で有って、
保険加入者が負担するべきものではないと思う。
名無しさん
ついでに、子供の歯の矯正も保険適用にしてくれまいか?
矯正と言っても、大人と違ってかみ合わせ・咀嚼・発音に影響するのだから、美容目的ではないのだから
名無しさん
ハードルが下がって安易に手術を受けたり、色々問題が出そうな気がするけど。
当事者としては、ありがたいことなんだろうけど。
名無しさん
不妊治療が優先だと思う。
名無しさん
なんで?納得ができない。
不妊治療が先でしょう、どう考えても。
不妊治療が保険適用になったら、高齢出産は増えるかもしれないけど、少子化に歯止めがかかるかもしれないのに。
名無しさん
課題ではあると思うけど、病気ではないよね。別の話ですね。
名無しさん
不妊治療は20代から治療を始めている人は保険適用にしてあげたい。旦那の年齢にもよるが、いわゆる適齢に作れないのはある意味、病気だと思うから。
名無しさん
上の方もおっしゃるように、若い頃からの不妊治療は保険適用にすべき。高齢出産は自分の勝手なんだから、そんなものまで保険適用にしなくてよい。
あとは健康に影響を与えるほどひどい歯並びの人(特に子供)の歯科矯正を保険適用してあげてほしい。
少子化問題の何の役にも立たず、本来の自然な姿の哺乳類なら自然淘汰されるであろう性同一性障害を保険適用にするとか全く意味がないことをする理由がわからない。
名無しさん
優先順位が、全然違う。他にやることが、沢山ある。反対。
名無しさん
別に障害や病気に順位はつけれないけど、命に関わることの承認を待ってる人たちはたくさんいるわけで、なぜ?と思う人もいるのはまた事実。
保険適用になれば受けれる手術。命の危険があるものからになって欲しいものです。
名無しさん
具体的に命に関わる病気で保険が適用されていないのは、何?
別の課題として、検討が必要と思う。
名無しさん
これには保険適用で、インプラントとかは適用外なのに不満かなぁ…
でも実際心と身体が一致しない苦しみは本人しかわからないしね…
とりあえず国会議員の報酬、議員定数を削減して少しでも困ってる人に回せば良いと思う。
名無しさん
そうね。インプラントはともかく、その立場の人の苦しみてのが当然あるからね。
その障害があっても大手を振るって生きていける大らかな世の中になればよいのだけどね。
名無しさん
強度近視者へのメガネ、コンタクト購入費の補助もお願いします。
名無しさん
不妊治療と出産費用の方が先
名無しさん
なんかあまり喫緊の課題でないものはあっさり決まるのね。与野党での問題ではないからかな?
でも優先順位違うと思うなぁ。
名無しさん
本物と偽物がトラブりそうだ。
名無しさん
ホルモンバランスの変化で他の病気を引き起こすかもしれないのに、他の疾患が起きた場合の医療費の負担も健康保険は如何なものか。
名無しさん
これより先にやらないといけないことがあると思う。なぜこんなに急いでやるのか不思議だ。
名無しさん
反対です。保険料負担者の立場からは、他に優先すべき事例がいくらでもあると思っています。これは手術しなくても命に関わらないでしょ。
絶対反対!
名無しさん
他に優先すべき事があると思う。
名無しさん
これ保険対象にする必要ある?
高齢者医療費の負担軽減とか、不妊治療費の負担軽減とか他に予算回すべきではないでしょうか。
申し訳ないが、これは絶対に必要な治療には思えないです。
名無しさん
性同一性障害であるかどうかの診断は正確にできるのでしょうか。
もちろん真剣に悩んでおられる方がいることはわかりますが、
そうではない方がいるのも事実。
貴重な財源をおっさんの性癖に使われても・・・と思ってしまいます。
それよりも先に生死に関わる病気治療や、
人口減を食い止めるための不妊治療の保険適用範囲拡大、
出産費用の軽減など、まずやるべきことはあるはず。
名無しさん
おっさんだけでなく、女性からの方も多いですよ。
おっさんからの方が目立つだけ。
名無しさん
納得いかない。当事者は悩んで苦痛なのかもしれないけど、命にかかわるものではないと思うし。ならば、実費負担でやるのが妥当ではないでしょうか。
名無しさん
子宮、精巣摘出は対象。
豊胸は?ホルモン注射は?
医療保険の財源が厳しい一方で何この判断。精神障害って時点で治療費掛かってるのに。
名無しさん
何でこういうのは早いのかね。保険制度は崩壊しかかってるよ。外国人の医療費払わず雲隠れ問題も解決していないのに。医療業界、薬品業界で得する人がいるんでしょうな。
名無しさん
本人達は悩んでるかもしんないけど性別合わない体でも生きていけるし、他にもっと切羽詰まった問題に国のお金使ってほしいわ
外見が嫌だっつーなら美容の悩みみたいなもんだし個人で稼いでなんとかしてよ
男になりたいって中学の頃で言ってた自称性同一性障害の女友達が結婚して子供5人生んで幸せにやってたりもするし、適合手術をしやすくして狂う人生もあると思う
名無しさん
医療がないとよく死にかける出産すら保険適用じゃないのにな。
こないだ、女性になる手術は受けて戸籍も女性になったけど、今度は女性だと思ったように仕事が見付からないから戸籍を男に戻したい人がニュースにいたよね。
名無しさん
私は持病持ちで毎月の医療費が2万かかり大変です。。
性同一性障害の方も辛いかもしれませんが、病気は命がかかってます。
もっと病気や不妊など違うところにかけてほしい。。
名無しさん
身体を心に適合するように手術が保険適用されるのが認められるとなると、主体は心ということなのか?
では、末期癌の場合や何らかの理由で積極的安楽死を望んだ場合も、医師法に抵触せず且つ保険適用することも議論されるべきでは?
名無しさん
ええ…本人達は大変なんでしょうけど、手術したら全てが丸く収まる訳でもないでしょうし…まだ時代的に早いんじゃないんでしょうか。それに、これが保険で賄えるなら、無いと暮らせないレベルの眼鏡やコンタクトにも補助金を出して欲しい。
名無しさん
風邪でも虫歯でも悪化したら死ぬ可能性があるから保険がきく。んだと思ってた。
不妊治療は本人は死なないから保険適応外なのかと思っていた。
いまから生まれてくる可能性ある命には興味がないとゆうことが明白になったね。
名無しさん
これから「ずっと女性だと思っていた妻が実はもともと男性だった」とかいうニュースが増えそう。
名無しさん
私は癌患者です。幸い標準治療で寛解して今は社会復帰していますが、治療がうまくいかない人や亡くなる人も見てきました。治療の手立てが一つずつ無くなって行く中、先進治療に望みをつなぐひともいます。できるならそういう人の為にお金を使ってほしい。
性同一性障害では命はとられないし、癌患者からすれば健康な体にメスを入れるような事を支援しないでほしいです。
性同一性障害が病気だとすれば、それは体ではなく心や精神の問題なんですから。
名無しさん
医療費削減を叫び、診療報酬を減らすと騒いでいるなかで、なぜこのような決定になったのでしょうか。
厚労省の考えがわかりません。
そういう方々もつらいとは思いますが、安易な手術を助長させるようです。
名無しさん
そんなもんより子供の歯の矯正とか優先順位があるのでは?と思うが?
名無しさん
保険適用して手術するのは本人からしたら助かるかもしれんが、LGBTというのは周囲が理解すれば死や健康被害を被ることは考えにくいんですよ。
やるなら各保険会社でLGBT保険とかにして保険会社からの給付にもちこめないの?
名無しさん
LGBTっていつの間にこんなに過剰に優遇されるようになったの?
ただでさえ公的保険料の増加が問題となっている今、他に優先する保険対象があるだろうに。
どこが出した統計か分からないが、一説によると全人口の7.6%がLGBTだそうな。(これ盛ってないか?)
いずれ身体障害者と同様に一定数の社員がいる企業はLGBTの雇用枠を設ける事を義務付けられそう。
事実そういう流れになって来ている。
その場合、トイレ問題が厄介になるよ。
男性・女性両方から嫌がられそう。
マイノリティを優遇するという事はマジョリティを冷遇するという事。
名無しさん
そりゃ辛いだろうけど死ぬような病気でもないじゃん。そんなんに医療保険使わないで欲しい。本人は辛いし死にたい時もあるんだろうけど、ガンや命に関わることを経験した人からしたらそんなの全然大したことじゃないよ。
もっと本当に必要な人に医療保険制度を使って欲しい。とりあえず性同一性障害の人はまだ必要な人ではないと思う。
名無しさん
やってから後悔している人も多いと聞くが、安易な施術に走る人が増えないかふあんだ
名無しさん
中央社会保険医療協議会の委員メンバーを見れば、当然そうなるだろう。区分1.健康保険関係側の代表は労組関係の左翼リベラルなので賛成。2.医師、歯科医の代表は、健康保険の範囲を広げることで利益が出る上、これが適用になれば自分の関係する医療分野でも健康保険の範囲が増えることが期待できるので当然賛成。3.公益を代表する委員というのは全て教授などの学者関係なので左翼リベラルのため賛成。4.専門委員は製薬会社社長が多数なので、企業利益になるため賛成。つまり、厚生省の諮問機関、中央社会保険医療協議会は賛成する可能性が高いメンバーだけから構成されているのだ。諮問機関の人選を官僚に任せておくと、自省の予算を増やしたいために適用賛成多数になる人選をして、省に有利に運んでしまう。そのツケを払うのは国民だ。国民の暮らしは実質的には行政担当の官僚で動かされているため、政治家よりも官僚を選挙で選ぶ権利が欲しい。
名無しさん
これで海外からオネエが大量に留学に来ますね。
留学して国保加入→手術 ツアー化するんじゃないのかな?
3割負担にしても術後ケアとか海外のリスクとか考えると格安でしょ。
名無しさん
それも大事かもしれないけど、まずは妊娠、出産を保険適用にしてほしい。
名無しさん
それで悩んだり困っている方も大変でしょうが、もっと優先して取り組むことがあるのでは?賛同しかねます
名無しさん
湯水の様に税金使うなぁ。じゃあ性転換しない人は損ってことでしょうか?これがみとめられちゃったら整形手術も適応内じゃないの?インプラントさえ保険適応外なのに大丈夫ですか?
名無しさん
難しい問題ではあるけれど、私としては反対かな。
先ず、身体的に健康な状態から、不健康な状態に変える事に税金を使う事への抵抗。
そして、その適合手術が命を失う可能性のある危険なものだから。
税金を使って死者を出すなど、言語道断。
そこまでの事をするのであれば、本人が努力して貯めて、その対価を使ってまでも、自分の身体を変える決断が出来るのかって、凄く大事な事だと思う。
ハードルが下がれば、それだけ手術での問題が増える訳だからさ。
名無しさん
そもそも安全性はどうなんでしょうか・・・
LGBTでも体をイジるのは反対というか危険だと思う
性転換するオネエの方はかなり整形してますし
LGBTと体をイジりたい整形願望とが入り混じっているんじゃないでしょうかね
名無しさん
不適切を承知で書きますが。
性同一性障害は心の問題であり、社会保障費を投じるべきではないと思います。男は男であり、女は女です。私はlgbtの方と自主的に仲良くしたいと思いませんし、自分の子供がlgbtになったとしたら、心底嘆くと思います。それが普通だと思っています。
名無しさん
保健診療の整合性を考えます。
もしかすると、LGBTの方だけを対象にしている訳ではない可能性があるかと。
以前より圧倒的に自由診療が増えました。自分の治療に選択肢が増える訳です。
とある科の保健診療は最低限の治療、その一方で自由診療は望む治療。
様々な意見はあると思いますが、理想は一部の人ではなく誰しもが生きやすい世になること。
名無しさん
男も女も1度転換してしまったら元に戻せないからね。
本気で悩んでる人には朗報だけど、それと同時にたくさんの悲劇が生まれる気もする。
遠いものだからこそその人に大きな価値が生まれるんだけどなぁ。
名無しさん
もっと他に適用すべきなのがたくさんあるでしょう。
厚労省も世論に迎合するのか?ってほどの世論にもなってないと思うけど。
名無しさん
タイとかシンガポールで、やりやすくする制度整備や後方支援くらいで良いんじゃないの?
どうしてもやりたいなら、越えてゆく障壁があった方が良いと思う。
近年、世の真理・ジャッジの軸がぶれすぎです。
名無しさん
これから団塊世代が超高齢者になり医療費が大変だと聞きます。
優先順位を考えるべきだと思います。
 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ