【日本初】小学生向け「YouTuberアカデミー」開校!!ネットでは賛否両論の声

スポンサードリンク

 

子供たちの間でYouTuber(ユーチューバー)が大人気ですね。

最近は小学生が将来なりたい職業にYouTuberが入ることもあり、当ブログでも取り上げたことがあります。

小学生「将来つきたい職業はYouTuber」時代の流れを感じる調査結果!

3月には小学生向けにYouTuberとして必要な技術や表現力を教える「YouTuber Academy」(ユーチューバ―アカデミー)が開校しました。

小学生に向けた教育サービスを展開するFULMA(東京都港区)は、自社の開講する「YouTuber Academy」を日本初のサービスとして提供している。

小学生向けに、動画の撮り方や、YouTuberとして必要な表現力を教えるものだ。子供たちの間で人気のYouTuberだが、その設立の目的は何なのか。

■子供から人気のYouTuber

FULMAの「YouTuber Academy」は、2017年3月4日から体験会をスタートさせていたが、6月から蓄積した経験を生かし、改めて体系化したカリキュラムを作り、ワークショップを開始したという。

その中には「リアクションの取り方」「動画の撮り方」「サムネイル画像の作り方」など、全8つの講座がある。講座のなかでYouTubeの動画を作り、その中で自分を表現する。

YouTuberはいま、子供たちの間で人気だ。たとえばめざましテレビで「小学生の好きなYouTuberベスト5」という特集が2017年2月に放映され、HIKAKIN(ヒカキン)さんが1位に輝いている。また、ソニー生命が発表した「中高生が思い描く将来についての意識調査」(男女の中学生200人・高校生800人対象)では、男子中学生の「将来なりたい職業」の3位にYouTuberなどの動画投稿者(17.0%)がランクインしており、女子中学生、男子高校生についてもそれぞれ9位(6.0%)、10位(6.8%)となっている。

実際にIAM(東京都新宿区)が展開する声優養成所「インターナショナル・メディア学院」では、YouTuberとして活躍することを目指すコースも2016年から存在するなど、「YouTuber養成」は今やひとつのビジネスになりつつある。

「YouTuberとして食べていくためのものではない」
一方で、子供に限定したYouTuber養成・教育のサービスはいまだ存在していないとFULMAの担当者は語る。それ故に「弊社のサービスは日本初です」という。

しかしその中で、FULMAは現時点で中学生ではなく小学生にのみ焦点をあてている。その理由について、同社の担当者に話を聞いたところ、

「もともとFULMAが小学生を対象に事業を行っていた流れがありました」

と述べた。加えて、

「私たちは、YouTuberになるための養成所のように、子供たちにYouTuberとして食べていってもらうことを目指しているわけではありません」

としたうえで、

「子供たちが『やってみたい!』と思うのに、それをできる環境がない、というものの一つにYouTuberがある、と私たちは考えました」

と、言うなれば一種の「習い事」のような位置づけとして「YouTuber Academy」は存在しているということのようだ。また、小学生のYouTuberへの関心については、

「実際に聞いてみると、子供たちの多くがYouTuberを知っていたり見ていたりしますし、実際にYouTuberになってみたいという子供も一定数います」

とコメント。

「YouTuber Academy」は、YouTuberになるまでの過程には多くの学びが含まれているとし、子供の可能性を広げていけるツールにもなるとしている。「表現する」という経験を経て人から褒められたりすることで、子供たちの自信を涵養できるとしている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00000001-jct-ent

 

以下、ネットの反応

名無しさん
ただの映像制作ならいいけど、子供のうちにインターネットに顔出しとかはマジでやめさせた方がいい。叩かれて、遊ばれて取り返しのつかない事になる。
名無しさん
親が知らないうちに、子供がいつの間にかyoutuberになっていて、全国顔出し。叩かれていじめられて、そうなってはじめて、親が知り合いから、「おたくのお子さんが。。」って聞かされそう。
名無しさん
早い段階でYouTuber以前に、ネットリテラシー全般を身に着けることはいいことですね。
名無しさん
将来の夢がYouTuberってのはさすがにやめて欲しい。
名無しさん
YouTuberの内容もちゃんと教育しなきゃね!
儲かるのはほんの一握り、顔が晒される場合が有るので全国的に有名になれば私生活は普通ではなくなる、閲覧数が増えないからといって段々過激な投稿をすれば場合によって逮捕される、と。
名無しさん
Youtuberになるのは、個人の自由だけど、
子供ひとりだけで、動画撮影から編集、アップロードまでやらせるのは、非常に危険だと思う。
最低でも中学を卒業するまでは、親か周りの大人が監督となり、
違法な事は行っていないか、汚い言葉を使っていないか、
他人を批判するようなことは言っていないかといった、
常識的なことをきちんと守っているか、
きちんとチェックする必要があると思う。
名無しさん
YOUTUBEに出る鬱陶しいCMなど誰も見ていない。イラつくだけ。
CMをカット出来るアプリを入れて使っているが、まったくCM出なくなる。
快適過ぎる。
YOUTUBEに広告打ってる企業もチューバー頼りに無駄なカネ出費してても得られる費用対効果なんか一ミリも無いと思うんだけど。
将来的にどんどん縮小していくと予想する。
名無しさん
小学生にYouTbe講義してもグーグルアカウントの関係上、
動画作成するのは中学生以降ってことになるのかな?
名無しさん
なにをどう伝えると、どんなレスポンスが帰ってきて、どうなってしまうのか。
バカッターとかになるなら、しっかり学んで活用できた方がいいと思う。
名無しさん
儲かるのは宝くじのような確率ときちんと教えるなら問題無い。
ビジネスとして成立しない広告単価だしヒカキンはビジネスモデルが違う。
あくまで趣味の講座。
名無しさん
 小さい頃からネット環境に触れさせること自体は悪い話ではないし、親の許可さえあれば別にいいのではないかとも思ったりするが、問題は、大人ですらネットリテラシーが身についていない人が多いのに子供にそんなことができるのかということ。小学生となると本来なら全面的に親が管理しないとダメだけどそれは親の負担が重すぎるし、やめた方がいいと思うが。
名無しさん
子供が変に顔出してネタ画像にされたり、晒されて学校でいじめられるようなら全く意味がないし、デメリットしかない。
「動画を編集する」「youtuberはどうやって動画を作ってるのか」ならば将来何かしら役には立つだろう。
ネットの怖さ、ネチケット、ちゃんと教えないと。

大人たちも小学生が遊び半分でやってる動画なんていいと思ってない。
そこを一番言っているyoutuberはシバターとヒカルだと思う。
名無しさん
くだらない、と私は思うが何と親も一緒になって嬉しそうにYouTubeに顔だしてしてる動画を見ると……と、思う。
名無しさん
隣に住んでる40過ぎの男がyoutubeで動画の小学生の顔を集めてるやつがいるが、一度だけ自慢してるんで 動画リスト見たら500人くらいびっしり名前や住まいまで誕生日に姉妹まで集めててびっくりした
今親が金儲けでyoutube使い小学生や中学生高校生の子供にyoutube使い儲けてる家族が多いが
今回も、間違いなく小学生のためでなく 大人たちの自分の金儲けのためにgoogleと提携してやるんだろうから
ほんと金に群がるうじ虫と変わらない
大体youtubeの利益を脱税してる小学生や中学生、高校生は全国の9割いると聞いてる
youtubeは脱税の温床の場
名無しさん
アカウントや動画の作成は親のしっかりとした管理の元やればいいと思います。子供の表現力を広げるためというのはとても素晴らしいと思いました
何でもかんでもあぶないとか言って禁止する状況は、子供の感性を育てる上での弊害になってしまうのでうるさく言いたくないのですが…。
何よりも指南しなければならないのはネットリテラシーだと思います。
親御さんはそういう部分を一緒に教えてあげてほしい、自分でもよくわからないなら子供と一緒に勉強してほしいです
名無しさん
子供が余りユーチューブで稼ぎすぎると、親の扶養控除から外され
親の税金が高くなるから、大変そう。
納税はちゃんとしましょうね!
名無しさん
自分にも子供がいますが、子供にユーチューバーは職業と思ってほしくないですね。
仮に収入があったとしてもあくまでそれは副収入。
理由としてはあくまで広告収入を得る手段なので、それ自体が永久的なものではなく安定的なものでもない。
言い方は悪いですが、あくまで広告表示を元にコバンザメのように収入を得る方法。
アフェリエイト収益を得るブログと収入を得る流れが変わりません。
今後やる人が増えたり、広告を出している企業が「広告はほとんど売り上げに意味がない」と気付いたときには、
収益もどんどん少なくなり、その収入だけで生活できる人は星の数ほど中でほんのひと粒しか居なくなるでしょう。
でも自分なりの映像制作をやってみたいという興味は良いと思います。
それがヒカキンなどの有名人のマネではなく、
その子の個性が生きる作品になるなら応援したいところですね。
でも平然と顔を出すのは警戒してほしいところ。
名無しさん
そんな物まで子供にやらせる必要は無いと思う。
大人になってからの選択肢の一つとしては有りかもしれないけど、ネットの安全が確立しておらずまして法整備も整わない現在では危険すぎると思う。何か有っても当社の責任ではないって言い逃れすると思いますが。
名無しさん
子供Youtuberは賛否あるけど。
大人でもコンビニのおでんを素手で突っついたり、
スタバで爆竹鳴らす人もいたり、
それを投稿して「捕まってみた」しちゃう人がいるから。
子供のうちにマナー教え込んだほうがいいと思うよ。
名無しさん
youtube以前に、ネット上の情報公開の怖さを
教えるほうが先だと思うけど。
年寄りの考えなのかな?
名無しさん
大震災の時に、停電でテレビが見られず困っていたところに小学生が機転を利かせてNHKのニュースをアップしたことがあったよね
あれは被災者が助かったと言ってた
違法だけども、あの状況で「なんとかしなきゃ!」は何か一石を投じたと思う
でも違法は違法、ちゃんと教育することが大事だと思う
おそらくはNHKだって災害報道の現実を理解したでしょうし
名無しさん
その前に、少年法を見直して欲しい。
海外では、10代で犯罪を犯すと写真公開。
社会的裁きを受けるのに対して、日本では加害者が護られすぎている。
被害者のプライバシーの方が軽んじられている。
ドローン飛ばして厳重注意されたyoutuberだった未成年の少年も
数年後に住居不法侵入で死体発見して逮捕。
中途半端な目立ちたがり屋が後の重大犯罪に繋がらないといいけど…
名無しさん
第2第3のxxハンターわたべゆうき君を作り出しそうで怖い。
まあ、彼の思考言動は、現代の多くの人々にとって、学ぶ事や考え直す事が多いものであるから、
是非そのYouTuber講座とやらでも取り上げて欲しいし、
YouTuber講座でなくとも衆知し、反面教師にすべきだとは思う。
晒しとかじゃなく、あくまでも彼の考え方や行動、発言等を取り沙汰して、衆知すべき。
あんな子を増やさない為に。彼を時代の先駆けにしない為に。これ以上無駄に、個人情報晒し出し社会の犠牲者を増やしてはいけないだろう。
実も無いのにただ目立つ事だけを望む子が増えたか、或いは助長されている事は、本当に恐ろしい。
名無しさん
ネットは簡単に誰でも利用できるというメリットがあるけど、そのメリットこそがデメリットでもある。ネットの怖さは利用すると身をもって分かる。ちゃんと物事の善悪、世の中の流れ、自身の視野を広げ経験を充分に積んでそれでYouTubeをやりたいと思うならそこからスタートしたら良いと思う。小学生から養成講座に通わせるのはいかがなものかと。
名無しさん
既に賛否の問題じゃなく根づいてる。
数年後には最盛期迎えるでしょう
そのあとはしりませんが、残る人もいるでしょう
名無しさん
なんか体のいい事言ってるけど、結局YouTuberって言葉使って
短期ビジネスしたいだけでしょ
名無しさん
肖像権、倫理をわかった上でならいいが。
問題も多そう。
名無しさん
要は映像制作教室ってことね。
名無しさん
何か一芸に秀でていて、それを動画で公開するというのが本来では?(子供の場合は親の監督下の元)スポーツの良い演技とか、将棋とかね。それなら世の中に有益なコンテンツかと思うが、今のユーチューバーの昔の深夜番組みたいな動画を量産するつもりならぶっ潰れて欲しいね
名無しさん
ネットの危険性とか、個人情報の扱い方とかネットリテラシーをきちんと教えてくれるならアリだと思うけど、そもそも習ってまでやるもの?話題性だけで食いついたミーハーな親から金をむしりたい思惑が見えすぎてちょっと嫌だ
名無しさん
たしかに楽しいんだろうね。今は。わかるけど、後々のことをよく考えられるようになってから手を出した方がいいと思う。
おれ考えふるいのかなw
名無しさん
子供が知りたいと望むのなら、それを教えてくれる組織はあって困るものじゃないですよね。
将来それで大成しようと無駄な数年を過ごそうと、知ったこっちゃないですし。
名無しさん
それよりFXたいけん株たいけんを趣味レーションでしたら天才が出るかも。親を食わしたりして。
名無しさん
ワリオさん量産計画かな?
個人情報ガバガバ連発でえらいことになると思う
名無しさん
いわゆる「子供に人気のYouTuber」ってお金の無駄遣いばかりする人という印象しかない。歳を取るまで長く続けられる職業とは到底思えない。
将来厚生年金と企業年金で暮らしていく事は平凡で魅力は無いかもしれないが、子供にはその平凡の難しさを教えていきたい。
名無しさん
子供達にネットリテラシー身につけさせるのが先決かと。
映像制作という面で新しい才能が芽吹く機会と捉えればよい試みかもしれないけど、カタログ棒読みの無駄チューバーとか奇声あげるチューバーとか雑魚チューバー量産はやめて欲しい。

行き着くところはこの学校が取ってくる広告を在校生か卒業生の有望チューバーに流して囲い込みなんだと思うけどね。
名無しさん
スポーツや音楽だってプロになれるのは一握りなのだから、それらと同列に扱う目の付け所は面白いと思う。しかし、スポーツで多少の怪我が発生することは保護者にも容易に想像できることであるが、YouTuberがわりと簡単に本人だけでなく周囲にも「一生モノの傷」を負わせてしまう可能性があることを講師、受講生、保護者それぞれが理解した上で、それらが発生する可能性を抑えるように働きかける講座内容にしないとトラブルが頻発しそう。
名無しさん
小学生の低学年の女の子が動画を配信したところ
その容姿について視聴者のひとりが「肉まん」と言いはじめた
これはあっという間に他の視聴者にも広まり
コメント欄は肉まんだらけに・・・
ついに女の子は怒って泣き出してしまった・・・
こんな事件もありました。
こういうことが起こりうるのが怖いところで
子どもの精神の形成に影響を与えないかというのが心配
名無しさん
たぶん、今の子が大きくなる頃にはYouTuberでは食べていけないと思う。そろそろYouTubeから広告撤退が始まりそうだし、もう飽和状態じゃないかな…
 

スポンサードリンク

One Response to “【日本初】小学生向け「YouTuberアカデミー」開校!!ネットでは賛否両論の声”

  1. M より:

    日本も終わったね
    小学生はYouTubeで食ってけるとかバカみたいな考え持ってるんだろうけど、そもそも大物YouTuberになる過程でお金は必要になるからね(商品紹介企画や、実験企画には結構金がかかるものが多い)
    そして現役の方々はYouTuberになる前に必死で金貯めてるから、そういう企画が出来るんでしょ。喋って、ふざけてるだけのYouTuberなんてクズ以外の何物でもないですよ

コメントを残す

このページの先頭へ