「孫ターン」が広がっている?祖父母のいる地方へ移住する若者たち

スポンサードリンク

 

地方で生まれ育った人が都会に移住した後、再び故郷に戻る「Uターン」や、都会で生まれ育った人が地方へ移住する「Iターン」などを耳にすることがありますが、「孫ターン」と呼ばれるものが広がってきているそうです。

「孫ターン」とは仕事を求めて都会に出て行った若者が、祖父母の住む地域に移住することです。

しかし「孫ターン」についての全国的なデータはなく、どれくらい広がっているのかは不明です。地方では仕事を探すのが難しそうですね。

都市部の若い世代が祖父母のいる地方に移り住む動きが目立つ。故郷に戻る「Uターン」や古里以外の地へ移る「Iターン」になぞらえ、「孫ターン」と呼ばれる。自然豊かな地方暮らしに憧れるが、見知らぬ土地は不安という若者にとって、祖父母の住む地域は溶け込みやすく、魅力的に映るようだ。

生まれも育ちも神奈川県茅ヶ崎市の中沢太朗さん(24)は4月、甲府盆地の北西部にある山梨県北杜市に移住した。同市の観光PRを担当する地域おこし協力隊として働く。

同市は両親の出身地で、小さい頃から祖父母宅を訪れては、雄大な山々や高原など豊かな自然に魅せられていた。いつかはここで暮らしたいと考えながら、大学卒業後は神奈川県内の建設会社に就職したが、昨年8月に母方の祖父が死去。「いつか移住するなら、他の祖父母が元気なうちがいい」と移住を決断した。

会社員時代より収入は減ったが、「満員電車に乗らずに済み、残業も減った。暮らしは豊かになった気がする」と話す。同居する父方の祖父、中沢賢一さん(88)は「家がにぎやかになって楽しい」、祖母の今朝恵さん(84)も「力仕事を手伝ってくれて、とても助かっています」と喜ぶ。

富山県朝日町で、古民家を改修した喫茶店「ヒュッゲ」を営む坂口直子さん(36)も、同町にいた祖父母の世話などのため、2007年に東京都江戸川区から移住した。「地域になじめるか、最初は不安だったが、周りは『坂口さんのお孫さん』と快く受け入れてくれた」と振り返る。近くの親戚や新しくできた友人にも支えられ、15年には夢だった喫茶店を出すことができたという。

住まいや仕事を探しやすい利点
高度成長期に仕事を求めて都会に出ていった世代の子どもたちが、親とは別に、祖父母のいる地方に移住する。こうした現象を「孫ターン」と呼ぶのは、移住希望者への各種相談や情報提供を行うNPO法人、ふるさと回帰支援センター(東京)副事務局長の嵩和雄さんだ。

東日本大震災後、若い世代の地方移住相談が増え始めた時、祖父母のいる地域を移住先に選ぶケースが一定数あることに気づいた。「UターンでもIターンでもない新しい移住の形態と感じた」と話す。

孫ターンに関する全国的なデータはない。ただ、移住者受け入れに積極的な山口県周防大島町が、15年度に転入してきた人に行った調査では、回答した116人のうち9人(8%)が孫ターンだった。

嵩さんによると、都会の若い世代にとって、祖父母のいる地方は「不便な田舎」ではないという。優しい祖父母に迎えられ、自然の中で遊んだ楽しい思い出の場所として印象に残っていることが多い。

移住に関心があっても、現地での仕事や住居、人間関係などが不安で、実行に移せない人もいる。だが、移住問題に詳しい明治大学教授の小田切徳美さん(農村政策論)は「孫ターンの場合、こうしたハードルが低くなる」と指摘する。祖父母が築いた人脈を生かして仕事や住まいを探したり、地域に溶け込んだりしやすいからだ。代々続く田畑などがあれば、それを継いで生計を立てることもできる。

小田切さんは「孫ターンをきっかけに若い世代の移住や定住が進めば、地域が活性化し、孫以外の若者を呼び込む効果も期待できる。今後の移住政策の大きな柱になる可能性もある」と話す。(竹之内知宣)

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00010000-otekomachi-life

 

以下、ネットの反応

名無しさん
これはとてもいいことだと思います。
名無しさん
うちは田舎に仕事無くて兄弟ばらばらに移住してる。みんな先祖の墓から遠い。その辺ちょっと不安。孫ターンできるほどに地元に仕事があるって大事だなと思った。
名無しさん
孫ターンは最高のパターンだけど、
Iターンとかなら、できるだけ早いほうがいいですよ。
自治体からいろんな補助を受けられますから。
ある程度の年齢になると補助金の対象外になってしまう。
名無しさん
高齢化が進む私の田舎は、若い世代、といっても50でも若いって言われますけれど、とにかく付き合いが多く、更に町内会の負担も大きい。
なじめずニートになる人もいます。
田舎に住むのは、コミュニケーション能力が高くないと無理だと思う。
名無しさん
仕事が、探しやすい?
え?
名無しさん
祖父母が介護必要になったらどうするんだろう?
名無しさん
これが実際広がっているかは疑問だけど、孫は念願の地方移住が障壁低く実現し、祖父母は孫と同居出来て、双方にメリットある形ですね。
ただ記事の中のお二人、地域おこし協力隊に喫茶店を自営、ある程度の気概がなければそうそうは出来ないお仕事だと思います。
それ以外の受け皿をきちんと用意できないと、促進はなかなか難しいのでは。
名無しさん
レアケースを取り上げてるだけ。地方活性化につながるほどのインパクトはない。
名無しさん
田舎は田舎のいい部分もあるが、近所付き合いなど大変な面もある。都会よりも田舎の方がコミュ力は必要だと思うし、収入も当然ながら減るので慣れるのは時間がかかるが、慣れればとても人間らしい暮らしが出来る。
名無しさん
どこでもなじめると思うけど、仕事があるかが大切です。
祖父母の家の自宅警備員にはなりたくない。
名無しさん
孫なら人間関係は作りやすいだろうな。
身元保証はされているわけだし。
問題は仕事だね。素人に農業とかは難しい。
だが、地方に仕事がちゃんとあるならそもそも過疎化は起きないしね。
地方再生は経済次第。仕事のない場所に人は来ないよ。
名無しさん
この記事をはじめ読んだときはホッコリしてしまいました。
でも本当に仕事があるのかなぁ?自分たちが生活できるだけの収入があればいいと、今だけを見ているかもしれないけど、ひ孫さんはどうなるの?結局大学とかで都会に出る=学費や仕送りが必要になるけど、それを出せるだけの収入があるのかなと…
名無しさん
田舎度合いにもよるよね
東京から福岡にってくらいなら幾らでも仕事はあるよ
でも東京からどっかの田舎町なんて考えたら無理でしょ・・・
名無しさん
祖父母や両親はいいだろうけど、同世代が少ない少子化の田舎だったら孫にとってはどうなんだろうね。結局進学で地方を出ざるを得なくなるのでは?
名無しさん
その前に結婚できるのかも微妙でしょ・・・
名無しさん
ほんとかよwww
ターンしても仕事のある場所に限るでしょ
老人介護関係ならあるかもしれないが
名無しさん
田舎は何もない。ゲオ、スタバ、ユニクロ、吉野家、コンビニ、ソープ
ランド、   オラ、こんな田舎嫌だ!!空気がうまいなんで、嘘だ。
慣れればどこの空気もうまい。
食い物だって、都会の方がいろんな種類があって、いろいろ賞味でき
る。
何よりも田舎に住みたくないのは、病気になったときに専門医がいない
ことだ。田舎の爺医者じゃだめだ。田舎じゃ長生きしない。
吉幾三、松山千春、五木ひろし、橋本まなみ等の田舎出身の芸能人は、
田舎で暮らしていない。ふるさと大使になって故郷をPRしていても
田舎に舞い戻ることはしていない。
名無しさん
田舎であればあるほど、仕事が少ないのが現状。とくに第1次産業に携わる若者はかなり少ない。
名無しさん
Uターン、Vターン、Iターン、Jターン、孫ターン・・・
なんちゃらターンは沢山あるし、言葉自体できて長い年月が経ってるけど、相変わらず地方の過疎化は進み続ける。
つまり、広がったりしてないし、実数も少なく、効果なんて無い。
孫ターンなんて、いうなれば体の良い寄生。
下手に農地や年金などの資産が有る祖父母の所で嫌な事件が起こらなきゃ良いけどね・・・。
名無しさん
うちはどうにも両方5世代遡っても東京・・・。
弟も妹も、子育てを考えたら地方とは言わない迄も郊外に移りたい・・・って。夏休みに帰省出来る場所がある事に「羨ましい」と思ったもんだ。俺もかみさんも40半ばを過ぎて、子育て終了した身なんだけど、何か切っ掛けをパリッと作らないと、移住したくてもローンすら組めなくなっちゃったりするもんねぇ・・・。でもさ、こういう記事になるパターンって、やっぱ稀なんでしょ?
名無しさん
孫ターンはすごく魅力的だけど、
北海道の電車も廃止されるかもしれない地域では
まともな仕事なんて見つからないだろうから無理かな・・・
名無しさん
地方住まいだけど、そんな基徳な奴聞いた事ない。どこの確かな情報だろう。
名無しさん
仕事があっても田舎の正社員では給料少ない。少なければ年金も少なくなる。田舎の自治体は、若者やシングルマザー移住など人口増を期待して呼び込もうと頑張っているけれど、移住する人は老後のことまでよく考えた方がいいと思う。自然のよさに惹かれる部分はあるけれど、お金も必要なもの。1次産業で600~1000万円稼げるサポート体制があれば魅力的。過去に移住を考えて職探ししたけれど、行政の非正規職員で13万程度で暮らせないと思いました。
名無しさん
田舎でそこまでの年収はいらねぇよ。
子供大学出そうと思ったら必要かもだけど。
名無しさん
都会に比べ圧倒的に教育的にも、文化的にも不自由で、人間関係は濃く、行くところも山、海かイオンかくらい。子供の頃に比べ街は圧倒的に老人ばかりで衰退。海外に行くのも何万もかけて大都会に移動、前泊し、それから空港。
最近はロードサイドの店が増えて商店街は閉店街、どこの町もおんなじ景色。
自然の豊かさと、時間のゆっくりした感じは良いし、食べ物も美味いが一生過ごしたいとは思わない。
田舎生まれの僕にはこのように見えるが、都会育ちには別の景色がひろがるのだろうか?

田舎生まれにはこの都会との格差が埋めようもなく大きく見えて、都会の魅力が大きくなる。
自分の子を育てるにしても自然の多いところで育てたいが、故郷のようなど田舎より、大都会に近いトカ田舎に住むのが一番いいと思う。
名無しさん
田舎生まれで田舎育ち。雇用がない、勉強する施設がない、交通不便。高齢者が多くて、会話は人のうわさ話、悪口ばかり。ほとほと嫌になって子供の進学に合わせて一緒に都会へ移住。
お蔭で再教育を受けることができ、そこそこの企業に就職。都会は、徒歩圏内に駅もスーパーもコンビニも病院もある。物価は地方と変わらないし、海外旅行も家から国際空港まで1時間ちょっとなので気軽に楽しめる。すっかり都会ライフを楽しんでいます。
どんなに記事で取り上げられても、また田舎に戻ろうとは思わない。
名無しさん
物価は都会の方が安い
名無しさん
結局は仕事の有無ですよね
名無しさん
国の人口流動調査にはまったくそんな情報ないんだが?
レアケースを取り上げないと記事にならないのはわかるが
少なくとも増えているというなら数字を出してくれ
総務省が発表した「2016年10月1日現在の人口推計」に、都道府県別の人口と、昨年からの推移のデータが含まれていました。
47の都道府県のうち、人口が増加したのは「東京都」「愛知県」「沖縄県」「埼玉県」「千葉県」「神奈川県」「福岡県」の7つでした。
この7つは2015年から変わっていません。
増加した人口の多くは、他の都道府県からの流入による「社会増加」です
名無しさん
田舎に、仕事があればの話かなー。
名無しさん
実際には難しい。何故かと言うと、家督を継いだ叔父、つまり自分の親の兄が普通は祖父母と同居しているはず。歓迎されないと思う。
名無しさん
NHKで、協力隊離れの特集でS県M町を特集していたが、人間関係の希薄さと陰湿さは、都会より厳しい現実が有る。
名無しさん
本当に広がってる?仕事もないのに。
メディア大好きの誘導したい事柄を元に少数の事案ソースにして広がってるやら流れやらよくあるが実情はどうやら…
名無しさん
2017/08/17 16:46
地方といっても新幹線が通って高速道路のICもあるような、県庁所在地などで、しかも若い祖父母がいる場合ではないでしょうか…
名無しさん
そう思います。地方移住を行う上での理由の一つでしかないですからね。「広がっている」というのなら、その様な傾向があることを示して欲しいですし、地方移住全体から見るとどの程度なのか。ご指摘のとおり実情はどうなのか、を知りたいのですが、その様な視点は無いのですかね。
名無しさん
10名が100名になっても広がりですからね。
名無しさん
田舎の商店街がシャッター通りになり、若者に自警団やら町興しやらを期待して見返りがないって時点で嫌がる人が多く、自分の祖父母の家周りは昔栄えてた土地だか今や飛び飛びで空き地だらけな現状知ってたら冒頭の目立つとか抽象的なニュアンスには同意できませんよね。就職氷河期世代が実家の店やら農家継ぐとかならまぁだわかりますけど
名無しさん
孫ターンが出来るのであれば素晴らしいことだけど。
流行りだけにならないようにするには、受け入れ側の問題は大きいと思う。
高齢者ばかり増えたから若者に永住してもらいたいと思っている地域は少なくないだろう。
何年住んだら家あげますとか言っている自治体もあるが、住むところも大切だが仕事は?子供を育てる環境は?病院は?等々都会暮らしより良いと思っていても実際そんなに甘くないだろうと思う。
寄り添って生活ができる環境をどう整えられるかだろうね。
名無しさん
新幹線の駅通ってる位なら生活に不自由は無いし、仕事もあるよ。最近、ヤル気があって地域も盛り上げようとしてる若い人増えてる気はする。しばらく地方都市で生活すると山手線の通勤ラッシュとか耐えられない(笑)
 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ