熊に襲われる被害が相次いでるのになぜ山に入るのをやめないの!?死にたいの!?

スポンサードリンク

 

青森県や秋田県ではタケノコ採りの最中に熊に襲われる被害が相次いで起こっています。

以前このブログでも取り上げましたが(【恐怖】秋田の『人食い熊』まだ3頭もいることが判明!)、昨年は秋田県で熊に襲われ死亡するという事件もありました。

これだけ熊の被害があるというのに、なぜ山に入るのをやめないのでしょうか?

タケノコ採りなどの最中にクマに襲われる被害が今年も東北で相次いでいる。それでも入山者は途切れない。なぜ危険を冒して山に入るのか。クマに襲われたとみられる女性(61)が5月末に死亡したタケノコの名産地、秋田県仙北市田沢湖の玉川地区を訪ねた。

この時期、県内外から多くの人が地区を訪れる。秋田でタケノコといえば、ネマガリダケというササ竹の一種。やわらかく、みずみずしい食感で、人だけでなくクマの好物でもある。

5月の女性死亡を受け、県は「クマ出没警報」を全県に発令。玉川地区では入山自粛を求め、国有林内の林道の入り口に柵を置き、現場近くの国道沿いにはロープを張った。

県警は毎朝、パトロールで注意を呼びかけている。それでも、地区の中で入山者が多い二つの林道では、5月末から6月13日までに延べ約2千人が入山した。昨年同時期の延べ約3300人からは減ったが、途切れはしない。

林道の入り口に置かれた柵の外で待っていると、秋田市の男性(83)がタケノコ採りから戻ってきた。日焼けした肌に、鋭い眼光。クマの爪から頭を守るためのヘルメットには笛をぶらさげる。

「今日もクマがいた」と事も無げに話した。「命懸け。その覚悟がないと山に入ってはいけない」。タケノコは缶詰業者に持っていく。一度山に入ると60キロほど採れ、7万~8万円の収入になるという。

クマはあまり音を立てずに歩く。近づいて来ても気づきにくい。「ポキッ、ポキッ」とクマがタケノコを折る音で気づくこともある。遭遇した時は、目をそらしたり、逃げたりしてはいけない。弱いと思われたら、やられる。「どでんして(驚いて)逃げても、クマは足が速い」

走って逃げるのが一番危ない。県自然保護課によると、大声はクマを興奮させかねない。にらみつけながらゆっくりと後ずさるのが基本という。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000012-asahi-soci

上の記事にあるように、熊に襲われる危険があるのに入山するのを辞めない理由としては、タケノコ採り1回でも数万円の収入になるというのはもちろん理由としてあると思います。

しかし、それだけではありません。

知り合いに親がタケノコ採りのため山に入っているという人がいたので、どういうことなのか聞いてみました。

それによると、タケノコ採りは依存症のようなもので、危険と分かっていてもやめられないのだそうです。

そしてもう1つ、「自分だけは大丈夫」という根拠のない自信があるようです。熊の被害は他人事のような意識なのだそうです。

熊対策として有効なものは一体何か?
鈴やラジオなど音を出すことで熊が近寄らないようにするという対策がありますが、最近では逆に熊を引き寄せてしまい逆効果となる恐れがあるので有効とは言えません。実際今年の6月には新潟県で熊よけの鈴を携帯していたのに熊に襲われ重傷を負ったという事件がありました。

「日本ツキノワグマ研究所」理事長の米田一彦(まいたかずひこ)さんは何度も熊に襲われたことがある人ですが、米田さんによると熊スプレーが一番有効で、自身も山に入る時には熊スプレーを2本持って行くそうです。

熊スプレーはこちら↓野犬やイノシシ、猿にも対応しています。
 
以下、ネットの反応
名無しさん
7万~8万円の収入になる
一回でこれだけの収入になるなら、”熊の怖さ”よりも”銭欲しさ”が勝って、山に入る奴も絶えんわな。
名無しさん
遭難と同じ
自分だけは熊に襲われない
自分だけは遭難しない
根拠の無い自信があるからだね
名無しさん
自分は対処方法を知っているという慢心が
くまに襲われる人が後を絶たない理由なのだろうな。
名無しさん
金目当てなら、自己責任
名無しさん
危険を承知でビジネスをしている人たちという見方をすると、被害者の印象は180度変わる。
名無しさん
命がけでタケノコ採りは自由だが、後々、人に迷惑をかけないで欲しい。
名無しさん
リスクを背負ってそれでも入山するのだから、ある意味自業自得。
名無しさん
年金だけでは、暮らせないから小銭稼ぎを命がけでやっているんじゃない?
熊も人間慣れしています
危険は、承知の行動でしょうね。
名無しさん
わがの都合(タケノコが欲しい)しか考えてないからでしょう
ある意味、自己責任
名無しさん
「命懸け。その覚悟がないと山に入ってはいけない」
って
そんな人の為に
命をかけて捜索しければならない人が
かわいそう
名無しさん
60代以上の世代は満足に食べ物がない時代で兄弟も多かったので山や庭畑に食べ物があると行きたくなる悲しい世代。本能がそうさせるのだ。
名無しさん
たけのこ狩りって書くとなんかほんわかした雰囲気だけど、
実際はハイリスクハイリターンなトレジャーハントだわよねコレ。
名無しさん
熊のテリトリーに入れば、襲われたとしても文句はいえない
熊も生きるの必死でしょう
名無しさん
たけのこに限らず春のタラの芽、秋のきのこ等々で山に一回入って7〜8万は向こうでは大げさな話じゃない。
1日2回入る日もあるから、そうすると10万はゆうに超える。
元手もいらず、国や県や村の山に無断で入るし、買い取る方のレベルもあれだから領収書等も出さない。
双方申告していないから一円も納税しない。
ものすごく効率のいい年寄りの子遣い稼ぎ。
若い人は殆ど入らない。山に入るのは年寄りばかり。

でもそれに若い人は集るの。
産業のない地域で若い人達は低所得で自立できず、年寄りと同居という選択肢しかないからね。
名無しさん
くまさん、人より筍の刺身の方が美味しいですぜ。
名無しさん
なぜ?
自分は大丈夫だと思ってるからだろ?
名無しさん
クマに4万渡すべき
名無しさん
賞金稼ぎみたいでかっこいいじゃない。
本人だって自己責任だってわかってんだからほっておけばよいと思う。
名無しさん
タケノコと聞くから、たかがタケノコのために、と思ってしまうが、そこに8万円落ちていると思ったら、拾いに入ってしまう気持ちは、分からなくもない。
名無しさん
自分だけは大丈夫
名無しさん
>秋田市の男性(83)がタケノコ採りから戻ってきた。
>一度山に入ると60キロほど採れ、7万~8万円の収入になるという。
83歳の爺さんが60kgのタケノコ担いで山から降りてくるのか・・・
そりゃ~クマもビックリだよ(汗)
名無しさん
それを、旅館やホテルに持っていくと儲かるからでしょうね。いい小遣い稼ぎより、生活費以上になるのでは?年配者は、介護年金、後期高齢者、医療保険、全部いつのまにか値段が上がって、年金から、どっと引かれて、何万も低くなり、医者にも交通費がかかりすぎていけず、夕方安くなるのを待ってる老人がスーパーにいっぱいいる。だから万引きも高齢者が多いらしい。旅行なんかとんでもない。だから、多少命かかっても、運良く取れれば、孫にもなにか買ってあげられるとかおもうのではないだろうか。
名無しさん
県外から来てる人は他人の山で山菜盗ってるのか?
名無しさん
大した収入源だけど、被害に遭った方の身内や関係者には、大迷惑。熊が撃たれるのも、なんか不合理。
名無しさん
クマ襲撃?違うでしょう、人間が自由気ままに自然破壊(クマの縄張り破壊)をした結果クマの居所がなくなったまでで、クマを襲撃しているのは人間で実際の被害者はクマです。
名無しさん
この記事読んで、入山者増えるかも?
名無しさん
人間と熊の筍争奪戦。
名無しさん
でもそのせいでクマが人に慣れてしまうし、襲えば大して強くないこともバレてしまう。味をしめて人里に降りてきたらどうする?三毛別事件を知らんのか?
名無しさん
どこで何してもそれなりのリスク背負って生きているだろ。
車に乗りゃ事故るかもしれない、某都市に行けばヤクザの抗争の流れ弾当たるかもしれない、某県に住めば原発のリスクが、津波が、山崩れが、不良外国人が、気の触れた人が、痴漢冤罪が、餅を喉に詰まらせて、病気に罹患して…。
名無しさん
田舎じゃ熊なんて当たり前、問題は人を襲う熊がいるという事、見た目じゃわからないからね、ま、人も同じだけどね。
熊のテリトリーに入って襲われるのはしょうがないが、熊が街に出るようになると流石にヤバイかも。
名無しさん
お年寄りの人達は昔から共存というか、伝えられている自衛はするけどやられたらそのときはそのときのスタンス。
都会のひととかマスコミとかとにかくよそのひととは違う、自己責任と思ってるのでしょう。なぜ?と言われることの方が彼らにとってみたらなぜ?なのでは?
名無しさん
あの・・・これ誰の山?
名無しさん
他人の土地にまず入らなければクマにも会わない
タケノコが生えてる山にも所有者はいるんだから、警察は警戒じゃなく不法侵入で捕まえれば被害は出なくなるよ
名無しさん
振り込め詐欺と一緒
欲と根拠のない自信
ところで、その入山者は誰の山に入っているの?
他人の山なら窃盗罪じゃない?
名無しさん
大人が自分で判断して行動してるんやから
ほっといたれや
名無しさん
そんときゃそんときさ、って考えなんだと思う。
名無しさん
他の人がやめればそれだけさらにいい商売になる。漁師が荒天に出漁するのと同じ。
名無しさん
7万円と言っても60kgのたけのこを運ぶのは大変だ、相当体力がないと。
 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ